引き違いサッシの戸車部品 | 住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。



プラスチックの色も変わって、随分劣化した印象のある部品ですが、
これはアルパイン(Alpine)社製の引き違い窓の建具の下に装着
されて、レールの上をスムースに動かす為に使われます。

輸入サッシの引き違い(スライダー)は、片方の建具はハメ殺し
(FIX)になっているものが殆どで、片方しか動かない片引きサッシ
とも呼ばれます。

今回、お客様から窓の開閉が固くて窓を開けられないという
相談を頂き、現場調査を行いました。

お客様は、このローラー部品が不具合を起し、レールの上を転がらなく
なったことが原因だろうと考えていたようですが、実際にはそれだけ
ではありませんでした。

サッシ枠に歪みがあって、建具が左右するレール部分が湾曲している
ことが、動きを悪くしている一番の原因でした。

樹脂サッシは、柔らかくて柔軟性のある素材で出来ていますから、
建物自体に歪みが出たり、窓の周囲の部材から圧力が掛かると、
それがサッシに影響を及ぼすと考えられます。

構造から来ている問題を修正するには、基本構造を触らなければ
いけませんから、そこまでするかどうかはお客様次第ですが、
戸車部品の交換やレール部分のクリーンアップなどで出来る限り
スムースに動くように調整してみるつもりです。

写真は、不具合部品とそれが掲載されたアメリカの部品カタログです。

似たような輸入パーツがたくさんある中から同じものを見つけて、
それを調達するのはプロでなければ難しいかも知れませんね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。