国産にはないですよね | 住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。



最近、お客様のおうちのドアが下がってきたので、ヒンジを交換
した方がいいというご提案をしました。

ドアが下がってくる原因の多くは、ドアの開閉が頻繁でヒンジの
噛み合わせ部分が減ってきたというものです。

そこで実際のヒンジを見せてもらった処、左右の蝶番が非対称な
ヒンジであることが分かりました。

ドア側の蝶番が四角で、ドア枠側の蝶番はコーナーが丸くなっている
というものでした。

何故こうしたヒンジを製造し、それを使うのかは不明ですが、
こうしたヒンジを使うことはアメリカではそれ程珍しいことではない
ようです。

アメリカ人って、自己主張が多いのか、目立ちたがり屋なのか、
それとも気付かないような場所でオシャレを追求しているのか、
面白いですよね。

日本人でこんなヒンジがドアに付いていることに気付く人はいない
でしょうね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。