シーリング忘れ? | 住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。



こちらは、アンダーセン(Andersen)社のスライディング・パティオドア。

いわゆる片引きの掃出しサッシですね。

今回は、このサッシの下枠のコーナー部分がフワフワしてきているし、
側枠の下の方も同様に柔らかな感じがしているという相談でした。

当初このサッシの下端にはウッドデッキの床が同じ高さで接していた
ということでしたから、恐らくデッキの床の水が台風のような強い
雨の時にサッシの方に押し寄せてきて、この枠の上がプールのような
状態になったのではないかと推測しました。

それが大きな原因であったことは確かですが、実はここ以外に
デッキがない場所の掃出しサッシや2階のベランダの掃出しサッシも
ここ程ではないにしろ同様のトラブルを抱えているそうです。

こういう場合、四方のドア枠を組み上げた時に、コーナー部分を
防水処理するシーリング剤を入れておくのですが、施工した
住宅メーカーが入れ忘れたかも知れません。

メーカー出荷時にドア枠が組みあがっていて、ドアも装着された
状態で搬入される掃出しサッシであれば、そういった処理は
既に行われていますが、現場で組み上げるような場合は、適宜
防水処理の作業を行っておかなければなりません。

勿論、そういった施工マニュアルは、製品と一緒に送られて
きているはずですが、英語であるが故にちゃんと読まないで
施工を行う工務店も多くいます。

乾燥させてある程度固さが戻ってくるような場合であれば、防水処理
をして様子を見ればいいのですが、フカフカして戻らないようなら
下地の構造材を含めてドア枠を交換する必要があります。

ただ、ドア枠は外壁の下地に装着されていますから、これを外して
交換するとなると、周囲の内外壁をある程度剥がしてやり直す
必要が生じますし、構造もどのくらいダメージがあるかで、
補修内容も変わってきます。

ですから、こういう状態をあまり放置しておかず、梅雨や台風シーズン
の前には修理・復旧をしておきたいものです。

手間・暇や費用は掛かりますが、酷くなる前に早めの治療を
行うことこそ、不具合の程度を小さく出来る秘訣です。

でも、アンダーセンの掃出しサッシは、ドア枠だけの交換も出来る
という点で不幸中の幸いかも知れませんね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。