何かものが当たったのかなぁ? | 住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。


テーマ:


インシュレート(Insulate)のシングルハングサッシのガラスが
割れたので、交換出来るかとの問い合わせを頂きました。

可動するボトムサッシュ(下側の建具)のペアガラスにヒビが
入っている感じだ。また、よく見ると外側の網戸も同じ場所で
破れているようにも見える。

こういう状況からすると、石や鳥などがぶつかって屋外側のガラスが
割れたと考えるのが普通でしょう。

幸い室内側のガラスの方は無事のようですから、部屋に雨や風が入って
くる心配はなさそうです。

そういった点では緊急性はなさそうですが、ペアガラスの中に水が入って
金属スペーサーを腐食させますし、防犯上も少々気になるでしょうから、
このまま放置する訳にはいきません。

このサッシは2階部分に設置された窓のようですが、ガラスの交換は
外側の建具フレームからしか出来ない構造です。

ということは、交換には外部足場が必要となるのが一般的ですが、
今回不具合を起したのが可動側の下窓ですから、下窓を外して
室内で作業すれば足場が要らない状況です。

これがハメ殺しの上窓だったら、足場の設置などで費用も施工も
少し大変になったかも知れませんが、不幸中の幸いでした。

何れにしても、窓からガラスを一旦外し、厚みを含めた実際の寸法
を計測してペアガラスの製作が必要です。

ガラスが出来上がったら、それを装着しに行かなければなりませんが、
お客様のおうちは関東方面ですから伺うだけでも大変です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。