紐が切れると落ちてきます | 住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。


テーマ:


シングルハングの上げ下げ窓が、開閉出来なくなったということで
ご相談を頂きました。

サッシは、インシュレート(Insulate)社のものらしく、下側の建具
(障子)を上げると、両サイドの窓枠のところにチャネルバランサーが
顔を出しています。

この金属の棒状のバランサーは、本来であれば下窓と一緒に上下して
普段は全く見えない状態になります。

それが下窓から落ちた状態で露出したのは、吊っている紐(糸)が
切れて、下窓内に留まることが出来なくなったからなんです。

10年以上使い続けてきたシングルハングですから、バランサーも
寿命を迎えたと考えていいでしょう。

適合する新しいバランサーを取り付けてあげれば、新築時のように
スムースに開け閉め出来るようになりますし、建具のガタツキも
なくなりますから、早めに修理したいものですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。