網戸が内側でもサッシを開閉出来ます | 住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。


テーマ:


お客様からアライド・ウィンドウ(Allied Windows)という輸入サッシ
メーカーの窓部品についてお問い合わせを頂きました。

このメーカーの窓を現在国内で取り扱いをしている販売会社は存在して
いないようですが、お使いになっている輸入住宅は多いかも知れません。

ただ、このサッシは輸入住宅の黎明期に施工されたケースが多いようで、
メンテナンス寿命も既に大幅に超えていると考えていいでしょう。

今回相談頂いたのは、手動で開け閉めするケースメントサッシの内側に
装着された網戸の小窓部品。

網戸を閉めたまま、その一部を開けてロックレバーにアクセス出来る
ようにする小窓なんですが、その開閉する小窓のヒンジ部分が脱落して
小窓がフレームだけになっているということでした。

ただ、こうした小窓パーツは、現在国内に入ってきている窓メーカー
では採用されているものはありませんし、アメリカでも少々特殊な
存在になっています。

確かに網戸全体を外したり開閉させたりすると、面倒ですし破損の
リスクも増えますから、こうした小窓は便利かも知れません。

今回、網戸を製作する部品メーカーで同じ形状のものを見付けました
から、サイズが合えば調達することが出来るかも知れません。

それにしても、輸入サッシと一言で言っても、いろいろなデザインの
パーツが存在するもんですねぇ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。