この型の部品は、国内では手に入らないですね | 住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。


テーマ:


収納用のドアとしてよく使われるバイフォールドドア(折れ戸)。

このドアを開閉する為の金具が欲しいということで、写真を送って
頂きました。

プラスチックで出来た部分が割れたり欠損していたりしていますし、
上枠にドアを固定する為の金属部品が少し曲がっているようです。

毎日開け閉めする収納ドアですから、こうした金物も劣化してしまう
のは当たり前ですが、このタイプのものは現在国内では流通して
いないように思います。

勿論、アメリカやカナダであれば手に入るのですが、形が同じように
見えてもサイズが微妙に違うものもありますから、調達するには
注意が必要です。

一番の注意点は、金物が適合する上枠のレールの形状やサイズ。

次に注意が必要なのは、ピボット部品を挿入する為にドアに開けられた
取付け穴の直径(ピボットの下半分になる樹脂部品の直径)です。

これを間違えると、せっかく調達した部品がうまく取り付けられません。

勿論、レールを金物に合ったものに交換したり、ドアを加工したり
すれば使えるようになりますが、再度そうした手配が必要となります。

バイフォールドドアの部品は、よく似たものが一杯ありますから、
よ~く見て調達するようにしたいものです。

あと、ドアの位置や高さ、傾きといったことは、これらの金物で
調整しますから、その原理や方法も部品から判断して理解することが
大切ですよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。