お風呂場の木製サッシ | 住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。


テーマ:


こちらの輸入住宅では、アンダーセン(Andersen)社のダブルハングを
浴室の窓として長年使っていらっしゃいました。

お風呂を使った後、ちゃんと換気をして頂いていたのか、建具(障子)の
木枠が腐ってしまうというトラブルはありませんが、ご覧のように
塗装は剥げてカビや染みが全体的に見受けられます。

温かく湿気った空気や水分が多い浴室に木製サッシを使うということが
よくないことは、誰の目からしても明らかなはずですが、古い輸入住宅
ではこうした施工はよくあったようです。

木部の塗装も内装用のニスを塗ったり、シッケンズのような防腐塗料を
塗ったりしたようですが、基本的にどれも防水性が長く持つものでは
ありませんから、すぐに悪くなってしまいます。

今回は、劣化したバランサーを交換すると共に、建具の木枠の表面を
サンドペーパーである程度きれいにしてから、パラペイントの白い
ティンバーケアで防水塗装をしてあげようと考えています。

ティンバーケアは、ナチュラルクリアのものもありますが、ここまで
黒くなった木を元通りにするということは出来ませんから、敢えて
白く塗装することで、清潔で爽やかな雰囲気を出そうと思います。

網戸も新しいものに交換する予定ですから、メンテナンス後は
相当気持ちよくなるはずですよ。

家づくりは、新築時の計画や施工も大切ですが、その後のケアは
もっと大切です。

それを担うのはお客様自身であり、それをサポートしてくれる
専門業者との二人三脚がなければ、長く快適に暮らしていくことが
難しいですから、その覚悟と将来計画が必要とされます。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

むらピョンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ