今年のトレンドは、マットブラックらしい | 住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。


テーマ:


先日、コーラー(Kohler)の代理店の担当の方が、東京からわざわざ
商品のPRの為に来社されました。

最近は、輸入住宅ブームも去り、輸入資材を扱う会社も少なくなって
きていますが、まだまだコーラーの人気は高いものがありますよね。

そんなコーラーですが、ミラノのショーで話題となった今年の
トレンドは、ツヤ消しの黒「マットブラック」ということです。

自動車の塗装もツヤ消しが流行となっていますが、雨や汚れが多い
屋外では、手入れが非常に大変です。

でも、室内でこうした色が使われるというのは、然程ハードルは
高くありません。

キッチンの水栓金具以外に、キッチン・シンクもマットブラックを
ラインナップしているようですが、こちらは石の粉を樹脂で固めた
エンジニアリング・ストーンを採用し、耐久・耐熱・耐汚染性を
実現しているとのこと。

汚れが気になるキッチンですから、ちゃんと汚れが落ちる素材
であれば、マットブラックのシンクも格好いいですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

むらピョンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ