定期交換で気密を保とう | 住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。


テーマ:


豊田市のお客様からミルガード(Milgard)社のケースメントサッシに
付いているウェザーストリップを交換したいという相談を頂きました。

ウェザーストリップとは、窓枠側や建具側の周囲に取付けられている
気密パッキン材のことで、柔らかい塩化ビニールで出来ています。

サッシによって大きさや形状・色は様々で、交換用の部材を見付ける
ことが難しいこともあります。

今回のウェザーストリップも殆どアメリカでも流通していない
特殊な製品で、以前調達した際もお客様から相談頂いてから数年
探し続けたという記憶があります。

ですから、この部材を国内で手に入れることはほぼ不可能で、
これをアメリカから調達出来る人間も限られているかも知れません。

本来であれば、サッシ・メーカーがこうした部材を供給すべきだと
思いますが、面倒がってアフターサービスをしてくれないという
会社もあるのです。

その為、サッシ部品のメーカーから製品を直接購入しなければ
ならない場合が多くなってきています。

柔軟素材の塩ビは、隙間を埋めるには絶好の部材ですが、揮発性
のある可塑剤成分が抜けてしまうと、硬化して破れてきたり
変形して隙間が明いてしまったりします。

太陽の紫外線にも曝される過酷な環境の窓ですから、性能を維持
する為に10~15年で消耗部材は交換するようにしたいものです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

むらピョンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ