網戸の取っ手も割れてませんか? | 住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。


テーマ:


こちらは、ミルガード製掃出しサッシのロック受けと網戸の取っ手です。

ミルガード(Milgard)のロックは、ダブル・フックになっていて、
鍵爪が2本上下に飛び出す構造になっています。

その為、ロックの受け金物には爪を引っ掛ける穴が2つ開いています。

1つのモーティスロックでも防犯性能が高いのに、2つ付いている
ロックケースは殆ど空き巣も開けられないと考えるべきでしょう。

ただ、内側のロックレバーを解除さえすれば、簡単に侵入出来ますから
安心は禁物ですよ。

また、いくら鍵が強固でも、鍵を閉め忘れれば何も意味はありませんから、
ちゃんとロックを確かめて就寝するようにして下さい。

次に、輸入網戸の取っ手ですが、輸入サッシの殆どは樹脂製の取っ手が
付けられています。

比較的丈夫には作られていますが、太陽の強い紫外線には勝てません。

15年くらいすると、樹脂も脆くなって割れたり欠損したりしますから、
こちらも悪くなったら交換するようにしたいものです。

取っ手には簡単なロック機能が付いているものもありますから、
これだけでも少し防犯性は高まるはずです。

あと、網戸の網は、市販のプラスチックのものではなく、輸入の
グラスファイバー製のものを使いましょう。こちらは、プラスチック
の3倍近く持ちますし、タバコの火でも破れません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

むらピョンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ