浴室のサッシは、こまめに掃除 | 住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。


テーマ:


こちらは、浴室のケースメント・サッシに取付けられていた
オペレーター等の開閉金物です。

錆がひどく、クランクハンドルを回そうとしても固くて窓が開けられない
状態でした。

一番の原因は、錆付いて両端や中央部が曲がったり欠損したりしている
オペレーター・トラック(写真上)。

こんな状態になると、オペレーター・アームの先がトラック・レールの
中をスムースに走ることが出来なくなります。

また、もう一方のオペレーター・アームの先に付いた三角形の
ブラケットもアームとの接点が錆びて動かなくなっています。
(あまりに錆がひどくて、ブラケットがアームから外れませんでした)

恐らくこの浴室窓も、殆ど開けていなかったのではないでしょうか。

輸入サッシにはこうした開閉金物が必ず付いていますが、水分や湿気
には然程強くありません。

ですから、浴室のように湯気が充満する場所では、使用後に窓を
開けてサッシに水分や湿気が付かないように換気したり、時には
雑巾で金物類を拭いてあげたりしないと、どんどん悪くなっていきます。

日頃の手入れを怠れば、どんないいものでもすぐに悪くなります。
新築以来、サッシの手入れをしたことがないなんて人はいませんか?

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

むらピョンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ