戸車も悪くなるんですね | 住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。


テーマ:


こちらは、カナダ キャラドン(Caradon、CWD)社製の片引きサッシ
の建具(障子)です。

日本の窓は、両方の建具が可動する引き違いサッシが殆どですが、
西欧では片方だけが開閉出来るグライダー(スライダー)と呼ばれる
サッシが主流です。

日本人もそうなんですが、両方開けられたとしても、そのうちどちらか
一方しか開閉しないというのが習慣となっています。

ですから、片方がハメ殺し(FIX)の方が、防犯上も理屈の上でも
合っているのです。

さて、そんなグライダーですが、建具の下には窓枠のレールを走る為の
戸車ローラーが付いています。

いつも開けたり閉めたりしていると、回転ローラーもそのうち調子が
悪くなります。

ローラー自体が減ってしまったり、楕円に変形してしまったり、
戸車の軸に汚れやゴミが付着して、うまく回らなくなってしまったり
するからです。

キャラドンというメーカーは既にありませんから、私たちが部品メーカー
を当たってそこから部品を調達することとなります。

お陰様で、今回も部品を無事調達することが出来そうです。

探せば何でも見つかるというのが、ホームメイドのいいところ???

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

むらピョンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス