菊竹産業 シュエット・サッシのバランサー・コイル | 住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。


テーマ:


先日大阪でアイエムエス・カナダ製ボレアル・サッシのコイルバランサー
の交換を行ってきたという記事を書かせて頂きました。

今回は、同じコイルバランサーでも菊竹産業製シュエット・サッシに
使われているバランサーの交換のご依頼を頂きました。

それは、愛知県岡崎市にある輸入住宅の浴室サッシなんですが、
写真のようにバランサー・コイルが千切れてハウジングから外れて
しまいました。

本来は、ハウジングと呼ばれる樹脂製の箱の中に巻かれている
ゼンマイ式のバネなんですが、浴室の水分や湿気によって弱くなって
しまったということも考えられます。

バランサー・コイルはステンレス製ですから、水分で劣化するという
ことは起こらないはずですが、少しでも成分が異なる金属が混じって
いれば、それが亀裂を生じさせたということは十分あり得ます。

何れにしても、またフレームを広げる特殊な道具を使って、窓の
フレーム内に入っているバランサーを引っ張り出して交換しなければ
なりません。

サッシ・フレームを傷付けないで元通りに戻すのは、この方法か
ヒートガンで塩ビ・フレームを曲げるしかありませんから、
特殊工具はこの作業の要とも言えます。

Chouetteのサッシのメンテナンスで長く困っていらっしゃる皆さん、
バランサーを交換すれば新築時のように開閉が可能となりますから、
諦めないで相談して下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

むらピョンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス