果たして、開閉金物の交換だけで直るのか? | 住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。


テーマ:


三重県のお客様からローウェン(Loewen)の開き窓である
ケースメント・サッシが開閉出来ないとの連絡を頂きました。

何でも一度開けると閉めることが出来ないので、修理をしたい
とのことでした。

通常、クランクハンドルを回しても、建具(障子)が動いてくれない
という場合は、ハンドルの奥につながっているオペレーターギアが
摩耗して空回りしているというのが不具合の原因です。

ただ、そうなってしまうその先の原因が、何某かあるはずです。

それは、窓が開いている時に強い風に煽られてギアが傷んだとか、
窓がしっかり閉め切らないので無理にハンドルを回したとか、
ということです。

最初のケースであれば、オペレーターを交換すれば直ると思いますが、
後のケースでは建具の水平・垂直が取れていないかも知れません。

その場合、建具を窓枠に組み付けているウィンドウ・ヒンジが
曲がっていたり、建具の木部が腐っていて金具が外れていたり
するケースもあります。

こういう時は、窓を一度開けてみて、建具の状況がどうなっているか
を注意深く調査する必要がありますが、お客様自身でそれが出来るか
どうかが問題です。

場合によっては、私共が出張調査にお邪魔して、状況把握と部品の
チェックをすべきと思いますが、少し費用が掛かります。

でも、長い目で見れば、家の窓チェックをしてもらえる機会が
出来ることは非常にいいことだと思います。

そういうことをやれる人が少ないですし、今後の家のメンテナンス
を考えれば、家の状況を把握したプロが存在することは心強い
と思います。

特に輸入資材という特殊な素材をメンテナンスしていくことは、
信頼を置ける専門家との縁がなければ出来ることではありません。

勿論、本当のプロかどうかは、やってもらえばすぐに分かると
思いますよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

むらピョンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス