掃出しサッシの車輪です | 住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。


テーマ:


ミルガード(Milgard)社?の掃出しサッシ用の戸車が欲しいという
ことでこの写真を頂きました。

本当にミルガードのサッシなのかは不明ですが、こうした戸車部品は
北米にはいくつもあります。

ですから、サイズや形をしっかり見極めてから注文しないと
いざ付けようとしても付けられません。

輸入の掃出しサッシは、強化ガラスのペアガラスとなっていますので、
片方の建具(可動側の障子)だけでも最低60kg以上あります。

そのドア下から支えるローラー部品は、相当耐久性が高いものが
要求される為、このように全身金属といったものになるのでしょう。

でも、こうやって戸車を外して写真に撮るというだけでも大変です。

日本人の場合、まずドアをドア枠から外せないという問題から
解決しなければなりませんし、ドアを外すにしても2人掛かりでないと
持ち上げることも容易ではありません。

丈夫なローラー部品とは言え、長年使っていれば消耗してうまく
ドアを開閉出来ないということもあるでしょうから、お客様ご自身で
何とかしようとはせず、専門家の力を借りて修理・メンテナンスを
行うようにして下さい。

強化ガラスが割れたりしたら、修理費用もバカになりませんからね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

むらピョンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス