このタイプのロックは、経年劣化で破損します | 住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。


テーマ:


九州のお客様からローウェン(Loewen)社製ケースメント・サッシの
ロック金物が破損したので、部品の調達をしたいというご相談を
頂きました。

このタイプのレバーロック金物は、ロック・キーパー(ロック受け)
に内蔵されたプラスチック部品が噛み合うことで鍵が掛かるという
仕組みです。

そのプラスチック部品が写真のように割れてしまって、ロック出来なく
なっているというのが、今回の不具合です。

あまり陽が当たるような場所ではありませんが、それでも常に外気と
接している窓部品ですから、15年くらいで樹脂が劣化してくるのは
止むを得ないかも知れませんね。

このロック金物は、ローウェンだけでなくキャラドン(CWD)など
の多くの輸入サッシに使われています。

部品メーカーで製造されている汎用品ですから、万一窓メーカーが
なくなる事態になっても部品の調達は可能です。

もしこうした部品の破損によって鍵が掛からないという輸入サッシが
ありましたら、詳細をご連絡下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

むらピョンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス