ローウェン社製木製ケースメントのオペレーター | 住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。


テーマ:


24年前に知多のログハウスに施工されたローウェン(Loewen)社製
ケースメント・サッシ。

こちらのサッシは、外側にアルミカバーがされたアルミクラッドではなく、
全くの木製サッシです。

ログハウスのようなナチュラルなおうちには、木製サッシが似合いますが、
防水塗料があまりいいものではなかったのか、結構傷んできています。

それでも、お世話をして頂ける業者さんがいらしたので、ログも何とか
まともな状態を保っている感じです。

でも、24年も経つとサッシの金物類やウェザーストリップなどは、
錆び付いたり千切れたりしてもう限界を超えています。

そこで、私の方に相談を頂いた訳ですが、写真の金物がケースメントの
サッシに付けられているのは初めてでした。

私たちが以前見た時は、ケースメントではなく、下側が開いていく
オーニングと呼ばれるサッシに取付けられていたと思います。

同じローウェンでも、アルミクラッドのサッシには全く形式の違う
オペレーター(操作金物)が使われています。

珍しいタイプの金物ですから、国内では滅多に手に入らない
部品だと思います。

実物を拝見して部品の特定が出来ましたので、これからメーカーに
部品の調達を相談していきたいと思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

むらピョンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス