住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。


テーマ:
トップ・サッシュ・ガイド


昨日、ミルガード(Milgard)社製シングルハング・サッシの
チャネル・バランサーが壊れたということで、豊明市のお客様の処へ
交換に伺ってきました。

不具合のある窓の数は、それ程多くはなかったのですが、2時間
近く交換作業に時間が掛かってしまいました。

それは単純に両側のバランサーだけが悪かったということでは
なかったからです。

可動する下側の建具(障子)ですが、ロック金物が載っている
上枠の樹脂フレームが割れてきていました。

大きく割れが入っていたので、このままバランサーを交換する
だけだと割れがどんどん大きくなってきそうでしたので、建具を
外した今なら接着剤で付けることをお勧めしました。

樹脂との相性が悪かったのか、なかなかうまく付かなかったのですが、
何とか接着してバランサーを交換した後、建具を元の位置に戻しました。

でも、何かバランサーがしっくりこないのです。

再度建具を外してよくよく見ると、建具の両サイドに付いている
トップ・サッシュ・ガイドと呼ばれるプラスチック部品が破損して
割れているではないですか。

この部品は、バランサーの先が丁度当たってくる場所のパーツで、
これがちゃんとしていないと、バランサーが建具内にうまく納まって
くれません。

もしかしたら、このパーツが割れていたせいで建具の上枠に下から
バランサーの力が加わって、上枠が割れてきてしまったのかも知れません。

ですから、チャネル・バランサーの糸やバネが切れた時は、可動する
建具に付いているトップ・サッシュ・ガイドも一緒に点検チェック
して調達した方がよさそうです。

<関連記事>: ミルガード シングルハング窓用バランサー

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

むらピョンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。