住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。


テーマ:
輸入サッシの防水処理


おおよそ10年毎に塗り直しを迫られる屋根や外壁の塗装。

輸入住宅にお住まいの方でも殆どのおうちでは、サッシの修理や
メンテナンスを行いません。

それは、一般的にサッシは何もしなくても一生持つという過信がある
という理由です。

でも、そんなことは誰にも言われていないはずなんですが・・・。

実は、輸入サッシに限らず国産サッシにおいても、屋外の防水処理の
やり直しをしなければいけない状況になりつつあります。

それは、今施工されているサッシの殆どが、ペアガラスになって
きていることに起因しています。

ペアガラスは、2枚のガラスの間に気密スペーサーを挟み込んで
接着した一体成型のような形になっています。

そして、経年劣化や温度変化による収縮で、スペーサーに小さな隙間が
生じることがあるのです。

そこに、サッシの建具枠とガラスとの接点から侵入した雨水が
入り込んで、ペアガラスを曇らせたり、結露させたりするのです。
(室内の結露でそうなるケースもありますが、確率は少ないかも・・)

また、輸入の木製クラッド・サッシの場合は、ペアガラスだけでなく
建具フレームの木も腐らせてしまいますから、窓周りは特に念入りに
防水のやり直しを行う必要があると言えます。

だからこそ、外装の塗り替えを行う為の足場がある時に、サッシ周りの
防水工事や窓からの漏水の原因となる外壁のつなぎ目などの防水の
見直しを実施すべきだと思います。

逆に言えば、サッシの防水修理を行う際には、外装の塗り替えを一緒に
行うことをお勧めします。

勿論、そういう一連の工事を行うには、サッシの構造を熟知した
専門ビルダーに相談して下さい。知識のない普通の塗装屋さんでは、
決して出来ない工事だと思いますから・・・。

下手にサッシの防水工事を行うと、万一窓に雨水が侵入した場合に
外に放出する為の出口まで塞いでしまうことにもなりかねません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

むらピョンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。