金物に錆びはありませんか? | 住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。


テーマ:

 


こちらの輸入サッシは、アメリカのミルガード(Milgard)社の
ケースメント・サッシ。

窓を外に開いて下から状況を確認した写真が、こちらです。

10年以上使われている樹脂サッシですが、オペレーター・アームや
スタッド・ブラケットがひどく錆びているのが分かりますか。

あまり窓を開けない状態で放っておくと、建具(障子)とサッシ枠
との間に雨水が溜まってしまい、それが金物を錆びさせます。

ステンレスで出来た金物ばかりならいいのですが、輸入サッシの金物
の殆どは鉄や鋳物で出来ています。

ですから、雨や湿気で金物が結露していたら、すぐに窓を開けるか、
雑巾で拭き取ってやることが大切です。

こうしたケアをするかしないかで、窓部品の寿命は随分違ってくる
はずですよ。

また、10年以上経ったサッシは、ウェザーストリップが破れたり、
劣化したりしているかも知れませんから、気密や断熱性を保つ為に
新しいものに交換することをお勧めします。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

むらピョンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス