3つの角度からの視点を正面をするデザインのフロントガーデン | HomeDeco 權田のブログ

HomeDeco 權田のブログ

『住む場所が人をつくる』という言葉を心に留めて、暮らしが豊かになる方法を施主さんと「一緒に考えて」探すことを大事にしています。客観性を持ちつつ、施主さんの立場になって考えます。お気軽にお声かけください。

企業さまから建売新築の外構工事をご用命いただきましたクローバー

 

 

 

住宅では正面となる角度があらかた決まっていることが多く、フロントガーデンのデザインをする際、その角度からの視点を軸にデザインすることがベーシックですが(勿論、その角度以外からの見た目も大切に考えます)、敷地環境によって正面といえる角度が複数ある住宅もあります。

 

現地調査の結果、こちらの住宅では三つの角度を正面と置くべきだと感じ、デザインさせていただきました。

 

<正面①>玄関ドアのある面をまっすぐ見たとき

 

<正面②>道路からナナメに見たとき

    (離れたところから住宅へ向かってきて、住宅を間近に感じる地点から見たとき)

 

<正面③>道路から家屋をまっすぐ見たとき

 

 

 

コンクリートレンガで曲線アプローチをつくり、

玄関ポーチの真正面には、自然石で3箇所のポイント貼りをつくりました。

 

コンクリートレンガは、レッド・ベージュ・オレンジの明るめ3色を使用。

コンクリートとの濃淡がそこそこはっきりしてリズミカルな印象を持つような色の比率を考えました。

 

アプローチの奥には芝生のスペース。

ふちどることで枠内で芝を管理でき、メンテナンスしやすいです!

ふちに折れ曲がり(角)をいれないことでかしこまった感じをなくし、やわらかさなイメージをつけることも狙いました。

 

家屋の周囲に敷き詰めた「瓦チップ」も家の印象を明るくするナイスな役割をしてくれています音符