神社仏閣で蚊に刺されました、拒否されているのでしょうか? 嫌われているのでしょうか? という質問もよくいただきます。

 

以前に一度、書いたのですが、私は秀吉さんの御廟で蚊に刺されたことがあります。

 

で、そのことを思いっきり気持ちよく忘れて、先月、本の取材で豊国廟へ行きました。

 

参拝直前まで雨が降ったりやんだりのお天気で、非常に湿度が高い日でした。

 

もちろんまだ夏ですから、気温も高くて、蚊がいないわけがない、という日だったのに……

 

例によって何も考えずに参拝しました~。照れ

 

ええ、そうなんです、のほほ~んと虫除けスプレーもせず、半袖シャツにスネから下が丸出しのズボンで行きました。

 

そんな格好で、蚊が大量にいるであろう山の中に入ったのです。

 

供養塔の前で手を合わせている時は目をつぶっているし、蚊が寄ってきても払えないので、「秀吉さん、お願いします! 刺されないようにして下さい」と、無理を承知でお願いをしました。

 

お願いしつつ、虫除けスプレーもせず、長袖や長いズボンをはくわけでもなく、刺されて当然の格好で来ている自分が悪いのに、刺されないようにしろ、とお願いする私ってどうなん? と思いました。

 

その後も秀吉さんはなんとか蚊を止めてくれていて、刺されはしなかったのですが、何匹か寄って来ます。

 

秀吉さんが言うには、たとえば100匹のうち、95匹は押さえられても、残りの5匹はすり抜けてしまうことがあるそうです。

 

その5匹は自分でなんとかしろ、とのことで「動け」と言われました。

 

で、言われた通りに供養塔のまわりをさくさく歩きながら会話をしていたのですが、興味深い話、面白い話になると、「えええっ!」と、つい立ち止まって聞いてしまいます。

 

立ち止まると、蚊が、ぷぉ〜んと音を立てて寄ってきます。

 

「秀吉さ~ん!」

 

「どうした?」

 

「残りの5匹が~、寄ってくるんですぅ」

 

( ̄_ ̄ i)  …………。だ〜か〜ら!立ち止まるなと言ってるだろうが……。

 

と、思ったであろう秀吉さんに、「歩け!」と言われました。爆  笑

 

夏の日の雨上がり、曇り空で湿度も温度も高い日に、半袖シャツ、足もスネから下を出している格好で、虫除けスプレーもせず(しかも山の中)、これなら5~6ヶ所刺されても、お礼を言うレベルだな、とその時に思いました。

 

それと、こちらも本の取材で行ったので、詳細は本に書きますが、新たに見つけた牛頭天王の神社があって、ですね。

 

この神社では、10ヶ所以上、刺されまくりでした。

 

あちこち赤く膨れ上がって、痒いのなんのって、もう……。汗

 

しかし、拒否されているわけでも、嫌われているわけでもありません。

 

牛頭天王の考えが「蚊が刺すのは当たり前」みたいな感じなのです。

(牛頭天王は一般の神様とは種類が違います)

 

ですから、刺されないように蚊を押さえてあげよう、守ってあげよう、なんて考えが〝まったく〟ありません。

 

秀吉さんは昔、人間でしたから、蚊に刺されるのが嫌な気持ちを知っていますが、牛頭天王はそこのところ無頓着と言いますか、全然気にしていないのです。

 

つまり、牛頭天王のところで蚊に刺されるのは、呼吸をするくらい自然なこと、というわけです。

 

このように神様の考え方でも違いますから、「蚊」イコール「拒否」「嫌われた」と結び付けないほうがいいと思います。

 

前述したような豊国廟の状況で、私が蚊に刺され、「秀吉さんは私を拒否してるのかも……」と悩んだら、

 

秀吉さんは「えっ? 95匹押さえたワシの苦労は? ナシってこと? びっくり 」とガッカリすると思います。

 

人をその場から移動させたい時に、大量の蚊を寄って来させることは、たしかにあります。

 

でもそれは、〝大量の〟蚊です。

 

10匹や20匹じゃないですよ~。

 

私は沖縄でも、小さな神社の取材でも経験がありますが、そのような時は、それはもう本当に大量の蚊がぶわ~っと〝いっせいに〟寄ってきます。

 

数匹に刺される程度じゃすまない数です。

 

というわけで、神社仏閣で蚊に刺されても「なんの、これしき、屁でもないわ」という気持ちでいたほうがいいですよ、というお話でした。

(あ~、なんか、若干うまくまとまっていない気が~。 ←締め切りまで、あと3日 ←今回本気でやばい私あせる

 

 

 

 

 

 

大変申し訳ございませんが、現在、ブログご訪問はしておりませんので、いいねやペタはつけていないです〜。

いただいたメッセージに個人的な返信も差し上げておりません〜。あせる

こちらに詳細を書いておりますので →コチラ 何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。




 

 

 

クリックをするとユーチューブで曲が再生されます。

天から聞こえるメロディを曲にしています。