愛の神様 〜大浦天主堂〜

テーマ:

 

長崎の大浦天主堂で私が見た、とても心に残っているお話です。

 

 

 

 

 

教会の外観はこのような感じです。

補修工事? が行なわれていました。

 

 

 

 

 

正面のマリア像です。

 

 

 

 

 

内部は撮影していませんので、公式サイトから画像をお借りしています。

実際はこんなピカピカした感じではなく、ちょっと薄暗かったです。

大浦天主堂公式サイトにリンクしていますので、興味がおありの方はクリックしてご覧下さい。

 

 

 

 

大浦天主堂は観光地にある教会なので、大勢の人が入ってきて、出て行きます。

 

中は自由に座れるようになっていて、時間制限などありませんから、いたいだけいられます。

 

ただ、静かな外国の教会に比べると、ちょっと気ぜわしい時もあります。

 

西欧諸国の人は、教会に入る時は静かに入って、邪魔にならないように、そ~っと出て行く人が多いのですが、ここは時々、外国人観光客がにぎやかに通過していきます。(入口と出口が別になっています)

 

私はこの教会に、1時間ちかくいました。

 

キリストを呼んでみると、すぐに天上からス~ッと来られました。

 

キリストにとって国は関係ないのですね。

 

私は久しぶりにお会いできたのが嬉しくて、キリストのお顔をまじまじと拝見していたら……ふぅ~っと目をつぶりたくなって……なんと! 目をつぶった一瞬で眠りに落ちました。照れ

 

上を向いたままの姿勢でクークーと10分くらい熟睡したので、目が覚めた時に肩が凝っていそうなものですが、そんなことは一切なく、体はとてもスッキリしていました。

 

明るく輝くような力強いエネルギーで満たされていて、さらに心にも余裕ができており、おおらかな自分になっていました。

 

なんてありがたいのだろう、と感謝をしつつ、「さて、何を聞こうかな?」と考えましたが、聞くべき質問が思い浮かびません。

 

なので、ただただ、そこでキリストの癒しをもらっていました。

 

そこに、60歳前後と思われる、リュックを背負った父親が、27~28歳の息子さんを連れて入ってきました。

 

息子さんは知的障害があるようで、父親がしっかりと手を繋いでいます。

 

祭壇を見ている父親のそばで、息子さんはちょっぴりソワソワしていました。

 

なじみのない場所だからか、薄暗かったからなのか、不安そうな顔でキョロキョロしているのです。

 

2人は、私のななめ前に座りました。

 

ベンチに座っても、息子さんはソワソワと落ち着かずに動き、あたりをあちこち見回しています。

 

「不安で怖いのかな?」と思った……その時でした。

 

天井あたりに浮いていたキリストが、しゅ~っと人間のサイズくらいに小さくなって、降りてきたのです。

 

息子さんの前に降り立ったキリストは、腰を軽くまげて、少しかがんだ姿勢になり……。

 

座っている息子さんのホッペを両手でそっとさわります。

 

両手で息子さんの顔を優しくはさむ感じ、両ホッペをキリストの両手のひらで包む……そんな感じです。

 

キリストが、この息子さんをとても愛おしく思っていることが伝わってきます。

 

キリストの全身から、ものすごい愛のオーラが放出されていました。

 

息子さんはそれまで、キョロキョロと落ち着かない様子だったのに、キリストにさわられた瞬間、スッと顔を上に向け、じーっとしていました。

 

キリストが見えているのか、さわられている感触があるのか、愛のオーラのあたたかさがわかるのか、ソワソワと動いていたのがピタッと止まりました。

 

「ああ、キリストはこの息子さんのことを心から愛おしく思っていて、不安を取り除いてあげたのだな」とわかりました。

 

難しい人生を選んだ息子さんに〝つらいことも多いだろうが、頑張りなさい〟と、魂を励ましていることが伝わってくると……。

 

2人のお姿が崇高に輝いて見え、涙がこぼれてこぼれて仕方ありませんでした。

 

とても美しかったです。

 

「愛する」という言葉が安っぽくて使えないかも、というくらい、キリストは人間1人1人に対してとても深い愛情……慈愛をそそいでいるのでした。

 

キリストが愛を与え終わると、息子さんは非常に満足したような、満ち足りた顔で、すっと立ち上がりました。

 

そしてそのまま、教会から出ていきます。

 

父親があわてて後ろから追いかけていました。

 

それくらい、普通にスタスタと歩いて行ったのです。

 

キリストはやっぱり素晴らしい愛の神様です。

 

キリストが両手で息子さんの顔を優しく包み込んでいる、その光景が1枚の絵のようでした。

 

そんな素敵な場面に出合えた大浦天主堂でした。

 

 

※長崎で体験したことはまとめて書くつもりでしたが、話が複雑に込み入っていて、長くなることと、さらに調べなければいけないこともあったりして……。えーん

もう少し先になりそうなので、このお話だけでもお伝えしておこうと思って書きました。照れ

 

※著書はすべてアマゾンにリンクしています。