神社 初詣は神社、と決まっているわけではないです。 

 

お寺に行かれるのもいいです。 

 

神社のお正月とお寺のお正月……つまり、神様のお正月と仏様のお正月は、神様と仏様の存在する世界が違うため、「気」も違ったものになっています。 

 

仏様のほうは、静かと言いますか、少し落ち着いた雰囲気です。 

 

神様にご挨拶に行くか、仏様にご挨拶に行くか、そこはお好きなほうで全然構わないのです。 

 

初詣を〝お寺にする〟……それって縁起がいいのでしょうか? と悩まれる方がいらっしゃることと思います。

 

お寺によっては境内に墓地があるので、そこを気にされているのかな、と思うのですが、初詣はどこに行くか、ということではなく、誰のもとに行くか、です。

 

空海さんに新年のご挨拶に行く、お不動さんに年明けのご挨拶に行く、ということになります。 

 

大好きな神仏にご挨拶にうかがうのですから、神様でも仏様でも、どちらに行かれても縁起の良いことに変わりはありません。 

 

ついでに言えば、除夜の鐘をつかせてもらえる、というラッキーなお寺があります。 

 

金剛鈴のことを以前に書きましたが、金剛鈴はその音と余韻が悪いものを落とします。 

 

お寺の鐘は、その金剛鈴の強力バージョンです。 

 

もしも、参加できる機会がある、という方は、つかせてもらうことをおすすめします。 

 

神社 「初詣は1日だけ?」「3日まで?」とお考えの方で、その期間に行けないんだけど……と、がっかりされている方がいらっしゃるかもしれません。 

 

新年のおめでたい「気」をもらえるのは、松の内の間は大丈夫です。 

 

ただ、この松の内の期間は、地方によって日にちが違います。 

 

お寺などでも違うところがあるようですから、参拝する神社仏閣によって違う、ということになります。 

 

いつまでなのか不明な場合、確認された方がよろしいかと思います。 

 

でも、初詣に行けなくても、運気が下がるわけではありませんし、神様に対して失礼でもありません。

 

ですから、神様に申し訳なく思わなくても大丈夫なのです。 

 

神社 初詣は1社だけ、という決まりもないです〜。 

 

いくつ回っても問題なく、たくさんの神様・仏様にご挨拶に行かれるといいです。 

 

また、1番目以外の神様に失礼なのでは? と気を使う必要もまったくありません。 

 

神様には、人間のような変なプライドはありませんし、人間には信仰の自由がありますから、3番目でも4番目でも、そこが以前に1回でも行ったことがある神社(顔見知りの神社)だったら、「わざわざ新年の挨拶に来たか、よしよし」と、喜んでもらえます。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~ 

 

話は初日の出に移ります。 

 

初日の出を見ると、その年は運回りが格段に良くなるので、私はここ数年欠かさず行っています。 

 

その初日の出を見る場所ですが……。 

 

海から上がる日の出、山から上がる日の出、ビル群から上がる日の出……いろいろとあります。(北海道の方は地平線から上がる日の出もあるように思います) 

 

地平線以外はすべて経験しましたが、どこから太陽が昇るか、というそこに違いはありませんでした。 

 

初日の出は、自分が年明けに初めて目にした太陽であって、どこから出たものかは関係ないのです。 

 

ビル群から上がる太陽を見るのはどうなのかな〜? と思っていましたが、その年の運気もとても良かったです。 

 

昇る太陽に場所は関係がないことはわかりました、では、自分が見る場所はどうなのでしょう? とそこを疑問に思われる方もいらっしゃると思います。 

 

これも、遠出してそれなりのところに行かなくても、自宅の庭でも全然問題ありません。 

 

ご病気の方や、早朝に外出するのが困難な方は、家の窓から見ても大丈夫です。 

 

初日の出を神聖なものとして敬う気持ちがあれば、どこから見ても違いはないのです。

 

私は、景色も一緒に見る年明けの雰囲気が好きで、お出かけをしています。

 

わざわざ出かけてまで見る、というイベント感がワクワクするので、毎年、どこに行こうかな~、とあれこれ考えています。

 

太陽が顔を出したら、2拍手して1年の無事をお願いしたり、その年の運気アップをお願いしたりします。 

 

お願いが終われば2拍手して締め、1礼します。 

 

〝太陽が出たら〟とは、具体的にどれくらい顔を出した時でしょうか? というご質問もありました。 

 

私は、チラッと光が出たら、「ああ、新しい年の太陽が出た〜、1年の幕開けを見ることができて縁起が良いなぁ、ありがたいな」と、まず感謝の気持ちで2〜3秒見ています。 

 

それからお願いをしています。 

 

正直に言いますと、周囲に人がいるところで、柏手を打ったり、拝んだりするのはちょっぴり恥ずかしいです。

 

しかし、そんなことよりも、1年の運気アップのほうが大事なので、新年の太陽への願掛けは欠かしません。

 

見るだけで終わった年はないです。 

 

太陽が全部顔を出してからお願いをしても……悪くはないと思うのですが、やはり、出た瞬間が大切で、早めにされたほうがいいと思います。 

 

「お天気が悪くて見られない場合はどうなのでしょう?」というご質問もありました。 

 

この場合、初日の出を拝もうとした人の運が悪いわけではなく、お天気の都合で仕方がないことですから、気にされなくても大丈夫です。 

 

今年は雨で〝願掛けのチャンス〟がなかった、と、それだけなんですね。 

 

考えられるパターンとして、朝は雨で太陽を見られなかったけど、昼頃になって晴れて太陽が出てきた、という場合もあるかと思います。

 

この場合、初日の出はお昼なのか? と言うと、残念ですが違います。 

 

初日の出はあくまでも朝です。 

 

日の出の時間の太陽になります。 

 

ただ、場所によっては、山から昇ったり、ビル群から昇ったりするため、少し時間の幅はありますが、基本は日の出の太陽です。

 

 

 

 

 

 

 

クリックをするとユーチューブで曲が再生されます。

天から聞こえるメロディを曲にしています。