生理と神社

テーマ:

今回は女性の方に向けて書いております。 

 

生理についてのお話です。 

 

時々、いただく生理の質問で多いのは、ずいぶん前から参拝のための旅行計画を立てていたのに、直前になって日にちがずれてしまい、生理になりそう……参拝はやめたほうがいいのでしょうか? というものです。 

 

「遠くから行くのでどうしても参拝したいです。お参りはしないほうがいいと思うのですが……」と悩みが綴られています。 

 

今まで、ブログの欄外っぽい一番下の場所に、チラッと生理について書いたりしていましたが、もう一度、しっかり書いたほうがいいのかな、と思い、改めてこれを書いています。 

 

連続して取りにくい休暇を頑張って取って、ホテルや乗り物の予約もバッチリ、下調べをしたら近くに温泉があったから参拝したあとで入ろうかな〜、と、ウキウキワクワク、旅行を心待ちにしていたのに……生理がきた……。 

 

「…………」 ( ̄_ ̄ i)

 

なんで、今回に限って、ずれたん!? 

 

という経験は、女性の方なら1回はあるのではないでしょうか。 

 

計画を延期することは難しいし、でも神様に失礼なことはしたくない……どうしよう、と悩まれることと思います。 

 

このような時は、神様・眷属にちょっと我慢していただいてもいいと思います。 

 

神前挙式などの、どうしても変更ができない場合もそうです。 

 

できれば遠慮してほしい、と神様側は思っていますが、思うだけで、怒りまくってバチを与えることはありません。 

 

ンモー、と眷属は眉をひそめるかもしれませんが、神様のほうは許してくれます。 

 

もちろん、神様によって違いがありますから、許してくれても「また来なさい」と、ガラガラガラーッとシャッターを閉める神様もいます。 

 

それは、生理が〝苦手だから〟閉めるのであって、嫌いになったから閉めるわけではないのです。 

 

生理中の参拝が失礼だと〝知っていながら〟参拝したら叱られませんか? という質問もありました。 

 

そこで今日は、ちょっと神様や眷属の視点から説明をしたいと思います。 

 

神様・眷属が神社にいると、向こうから女性の参拝客がやって来ます。 

 

生理中であることは、神様側からすると即座にわかります。 

 

眷属は、ンモー、それあかんで〜、というモードになります。 

 

親分である神様に対して失礼だからです。

 

でも、その参拝客の女性は、生理が失礼だとは知りません。 

 

ですから、平気でズカズカと境内に入り、高らかに柏手(かしわで)を打ち鳴らし、願掛けをして、出て行きます。 

 

知らないから仕方がないことは、神様にも眷属にもわかっています。 

 

悪気がないことも知っています。 

 

でもそれと、神様・眷属が、生理が苦手であることは別の話です。

 

この生理中の女性には、背中を向けてしまう状態になります。 

 

さてそこで、もう1人、女性がやってきます。 

 

この人も生理中です。 

 

ンモーモードの眷属が、しかめっ面をしていると、その女性は鳥居のところで、丁寧な謝罪をします。 

 

「生理中で申し訳ございません。でも、かくかくしかじかで、計画を変更できませんでした。失礼だと知っておりますが、以前から夢見ていた念願の参拝です。どうかお参りをさせて下さい。非礼をお許し下さい」

 

と、頭を下げるのです。 

 

「おや?」と、眷属は思います。 

 

謙虚に謝罪する人が珍しいからです。 

 

それは自分の親分を敬う気持ちが強いから、ということでもあります。 

 

そしてその女性はキチンと参道の端っこを控えめに歩き、本殿前では柏手を打たずに、お辞儀だけをしています。 

 

失礼を知っているので、柏手を打たないのだな、とわかった神様も眷属も、この女性には背を向けたりしません。 

 

我慢をして下さいます。 

 

このように、失礼だと知っていれば、丁寧に謝罪ができます。 

 

申し訳ない気持ちは神様にも眷属にもしっかり届きます。 

 

女性の体は生理があるのが当然ですし、意図して始まったわけではないこともご承知です。 

 

「そこまで気にしなくても良い」と、眷属も快く我慢をして下さるように思います。

 

ただ、山岳系神様の厳しい眷属だったら、ペナルティが課せられるかもしれません。

 

しかし、それも眷属の性質によります。 

 

優しめの眷属は許してくれます。 

 

生理中は、できるのであれば避けたほうがいいのですが、もろもろの都合で変更が難しい場合は、謝って参拝をさせてもらってもいいと思います。 

 

神在祭の出雲大社はどうなのでしょう? というご質問もありましたが、同じです。 

 

さて、では、すべての神社が、生理は失礼になるのかというと、そうではないところもあります。 

 

私が「神様の種類が違う」と書いた神社はほぼ大丈夫です。 

 

たとえば、京都の晴明神社の晴明さんは、系統が違いますので大丈夫です。 

 

牛頭天王もそうです。 

 

京都の八坂神社に関して言えば、八坂神社には境内社がいくつかあります。 

 

私は境内社の神様についてはよく知りませんので、中には「来んといてほしいわ〜」という神様がいる〝かも〟しれません。 

 

牛頭天王の境内ですから、清らか系の神様がいるのかどうか……という疑問もあります。 

 

ですので……そのへんハッキリとは言えませんが、念のため、八坂神社での参拝は牛頭天王のみ、にしたほうがいいように思います。 

 

「でも、晴明さんも牛頭天王もどちらも神様ですから……やっぱり気を使います」という方は、「識子さんがいいって言ってましたよ」とお伝え下さい。 

 

晴明さんが、万が一、「なんで生理で来たのか?」と機嫌が悪くなったとしても、「識子さんがいいって言ってましたけど?」と言えば、「あいつめー!」と、不愉快な気持ちは私に向くので問題ありません。 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~

 

ハート出版さんからお手紙などが転送されてきました。 

皆様が送られたものはすべて私の手元に届いております。 

じっくり拝見していると、しみじみと「ありがたい」という感謝の気持ちでいっぱいになります。 

皆様からの深い思いやりを感じます。 

送って下さった皆様、誠にありがとうございます。 

その中に、期間限定で高野山〜丹生都比売神社、高野山~熊野本宮大社のバスについて情報がありましたので、最後に載せておきます。

高野山~熊野本宮大社の道は険しいので、運転に慣れていない方は「お気をつけ下さい」と、以前に地元の方からメッセージが届きました。

今月だったらバスが運行されているので、バスで両方を参拝されると楽かもしれません。

 

 

 

 

 

 

最新刊、好評発売中です。
ありがとうございます。

神仏のなみだ ¥1,728

 

 

クリックをするとユーチューブで曲が再生されます。

天から聞こえるメロディを曲にしています。

 

 

 



 

 

 

 

AD

リブログ(14)