息子が事前に選んでいた、A、B、C、Dの4つの候補がお昼までに全滅になったため、新たに4つの候補を決め、気を取り直して物件めぐりに行きました。 

 

まず、E物件です。 そこは、線路横の細い路地を入った、突き当たりにある小さなマンションでした。 

 

中に入って見ると、分譲マンションのモデルルームのように家具が置いてあって、見栄えよく飾られています。 

 

パッと見ると、都会のオシャレな高級マンションの一室、のような気分になります。 

 

なかなか借り手がつかないのだな、とすぐにわかりました。 

 

部屋の空気がどんよりと暗〜く、重たくて、立地も後から書きますが、良くない物件なのです。 

 

ここは風がまったく通らない作りで、しかも「人が住んでいい場所」ではありません。 

 

明らかに「魔」が好む空間なのです。 

 

息子は、オシャレな雰囲気に惑わされて、「うわ〜! ここ、いいやん!」と写メを撮りまくり、「俺、ここ、好きやな〜」と乗り気です。 

 

こんなに素直に、まんまと作戦に引っかかるやつがいるんだなぁ、と我が息子ながら感心しました。 

 

マンションの目の前が線路になっていて、その線路は高い位置に作られているため、そちら側はコンクリートの壁です。 

 

「ここ、夜、お嫁さんが仕事から帰って来る時、危ないよ」 

 

「うん。それは俺も思った。だから、ここはやめとく。中はいいんやけどな~」 

 

というわけで、次に、F物件です。 

 

5階建てマンションの1階で、間取りも悪くないし、広さも十分すぎるくらいの部屋でした。 

 

中に入ると、リビングが広くて、快適に暮らせそうな物件です。 

 

「いいね!」と、またしてもノリノリの息子です。 

 

しかし、1階ですから、バルコニーの安全性を確認しなければなりません。 

 

雨戸が閉まっていたので、開けてみたら……。 

 

バルコニーの真ん前が駐車場で、木が1本も植えられていないため、駐車場から丸見えです。 

 

しかも、駐車場から、楽々とバルコニーの柵を乗り越えて侵入できる作りになっているのです。 

 

なに? これ? という感じです。 

 

バルコニーの位置が低いうえに(ほぼ地面と同じ高さでした)、柵も、「なんでこんなに低いん?」と、いうくらい低い柵で、どこからでも入って下さい、どうぞどうぞ、というバルコニーなのです。 

 

オートロックの意味がありません。 

 

玄関に入る部分だけオートロックで、バルコニーは誰でも入りたい放題なのです。 

 

防犯上、ありえません。 

 

下着を盗まれたりもしそうですし、というか、丸見えなので干すこと自体、できません。 

 

「ここも、なしやね」と、雨戸を閉めて振り向くと、息子はリビングに立って、「ここにテレビを置いて、こっちにテーブル。それで……」などと、家具の配置を考えています。 

 

「なにしとん?」 

 

「いや、こんなに広かったら、家具をどう置こうかと思って」 

 

「は? 借りんのやから、それ、無駄やろ?」 

 

「そうなんやけど〜、ちょっと考えてみたいやん?」 

(*´ω`*)

 

アホか。 

 

「時間ないから、次行くよ」 ということで、G物件です。 

 

そこは2階建てのハイツが、数棟、建ててあり、中庭やベンチもあったりして、コミュニティ度の高いところでした。 

 

新築に近いのでキレイですし、中も広々としています。 

 

風は通るし、悪いものもいませんし、2階ですし、物件自体は悪くありません。 

 

ここも雨戸が閉まっていたので、息子がガラガラと開けて……全部開け終わらないうちに、ガラガラと閉めていました。 

 

「どないしたん?」 

 

「向かいの家の人と、目が合った」 

 

向かいは横向きに建てられていたのですが、その1階に住む男の人が洗濯物を取り込みつつ、こちらを見ていたそうです。 

 

息子はぺこり、と頭を下げて挨拶をしましたが、無視されて、そのままじーっと見つめられた、とのことでした。 

 

「住んだら仲良くなれるよ」 

 

「いや〜、気まずい気まずい」 

 

2回も重ねて言うところをみると、どうやら歓迎の視線ではなかったようです。 

 

この物件のNG部分は、ハイツの周辺が工場ばかり、というところです。 

 

つまり、人通りがまったくと言っていいほど、ないのです。 

 

ひとけのない公園もあるので、夜、お嫁さんが危ないです。 

 

駅まで遠いし、昼間も車ですら、ほとんど通っていませんでしたから、夜のことを考えると怖くて入れない、という物件です。

 

と、ここまで見た、新たに〝息子が〟選んだ候補3軒。 

 

見事に3つとも全滅でした。 

 

さすが我が息子、と逆の意味で褒めたくなりました。 

 

ここまでで、どれかに決めるとしたら……午前中に行ったB物件です。 

 

お嫁さんの安全が最優先なので、荷物を床に全部置くほうがまだマシだからです。 

 

そして最後に残った候補の、H物件を内覧しました。

 

結局、ここに決まりました。 

 

詳細を見てもいないのに、「行きます!」と、思わず口から言葉が出てしまった物件でしたが、マンションの10階で、駅から徒歩5分という近さでした。 

 

部屋の中に入ると、空間が非常に明るく、あたたかく、芽吹くような「気」があります。

 

ここは「運が開けていく物件」なのでした。 

 

ああ、ここが……筥崎宮の神様が、選んでくれた物件なんだ、とすぐにわかりました。 

 

築年数にこだわっていた息子ですが、「築16年なのにキレイやん!」とリフォーム済みの部屋に満足していました。 

 

間取りも良く、立地も良く、運気上昇のオマケまでついた、文句をつけるところがないという物件でした。 

 

結果からみると、無事にギリギリで、良い物件に決まったのです。 

 

不思議なのは、息子が本命だと言っていたD物件……。 

 

見学をしようとエントランスに入ったところで、別の人が契約してしまったというあの物件ですが、翌日、キャンセルが出ました、と連絡が入ったそうです。 

 

きっと内覧していたら、無理やりDに決めていたのだと思います。 

 

Dがダメになったから、会社に行くことになって、新しく物件を探しました。 

 

その結果、最良の物件にめぐり合うことができました。 

 

神様にお願いをすると、このように不思議な現象が起こることがあります。 

 

うまく導いて下さっているのです。 

 

ちなみに、息子が物件めぐりに私を呼んだのも、神様のお導きでした。 

 

息子だけだったら、築16年の条件で、候補から外していたからです。 

 

筥崎宮の神様に、良い物件にめぐり合わせてもらった息子は、あとは自分の心がけ次第です。 

 

いくら運気が上昇する良い部屋に入居しても、心がけが悪ければ、自分から「魔」を誘い込むようなものですから、運は上昇しません。 

 

真面目に正しく生きるよう、アドバイスしておきました。 

 

神様にお願いをすると、見えない力で良い物件に導いて下さる……と、そういうお話でした。 

 

 

※物件探しのポイント

神様にお願いをすると、神様はそこから探し始めます。 

お願いをしたその時点では、良いところが全然ない、ということもあります。 

そうなると、神様は良い物件をいくつか探し、空きそうなところをうまく空けてくれるのです。 

ですから、最良の物件に当たるコツは、お願いをして1〜2ヶ月後、もしくはそれ以降に選ぶ、ということになります。

 



 

 

AD

リブログ(3)

リブログ一覧を見る