新刊の感想を送って下さった皆様、ありがとうございます。 

 

楽しく拝見させていただいております。 

 

早速、清高お稲荷さんに参拝して下さった方が何人かいらっしゃって、もう本当に感謝感謝です! 

 

お供え物を持って行って下さった方、優しいお心遣いに感激です~。

 

お稲荷さんも眷属も「もしかしたら読者の方が来てくれるかもしれないです」と言った私の言葉を聞いて、とても楽しみにされていました。 

 

ですから、実際に読者の方が行かれた時は、眷属たちは走り回って喜んだのではないかと思います。

 

私が清高お稲荷さんの境内を去る時、寂しそうにしていた神様と眷属が、読者の方のおかげで楽しいひとときを過ごされたと思うと、心にジーンと響くものがあります。

 

本当に良かったです。

 

それから、新刊を持って豊国廟へ行って下さった方もいらっしゃいました。 

 

秀吉さんに、弟さんのこととお母様のことを報告してくれたそうです。 

 

こちらもありがとうございます!

 

私はどちらへも、もう少し先でなければ行くことができません……。

 

読者の方が行って下さらなかったら、お稲荷さんにも秀吉さんにも、喜んでもらうことはできませんでした。

 

もしも……(これはすべての神社仏閣に関して言えることですが)、誰も私の話を信じてくれなくて、誰1人参拝に訪れなかったとしたら……私が何年かに1回行って、その時に1回だけ喜んでもらえる……という、寂しい状態になるところでした。

 

読者の皆様が参拝して下さるおかげで、神様にも秀吉さんにも眷属にも、たくさん喜んでもらうことができます。

 

これは私1人では絶対にできないことです。

 

そしてそれは、神格を上げて差し上げることにも繋がっていますから、お稲荷さんも秀吉さんも、心から皆様の参拝を感謝しておられることと思います。 

 

本当にありがたいです。

 

本を奉納して下さった方もいらっしゃって、皆様、親切で優しいな〜としみじみ思います。 

 

それから、少し前に書いた「本という伝達方法の素晴らしさ(タイトルを変えました)」という記事についても、たくさんのメッセージをいただきました。 

 

その中に、「本を出し続けるのは良いのですが、正直収納が心配です」と書かれたメッセージがありました。 

 

私が亡くなるまでの間に、あと60冊くらい本が出るのでは? と、その方は思って下さっていて、収納スペースがないことを心配され、ご自宅の収納について説明をされていました。 

 

読んだ時にしみじみと、いい方だな〜、ありがたいな、と思いました。 

 

〝仮に〟本を60冊出すとして、この方は、それを全部購入する予定である、と言外におっしゃっているのですね。 

 

これから出る60冊分のスペースをどうしよう、と考えておられるわけです。

 

さらにそのすべての本を手放す気がない、ということも、さりげなく意思表示して下さっています。 

 

ものすごーく嬉しかったです。 

 

ありがとうございます。 

 

本は、〝出版社さんから〟「このような本を書きませんか?」という依頼があって、そこで初めて出版が決まるわけです。 

 

本を出そう、という、私の意志が最初にあるわけじゃないんです。 

 

私は完全に受身です。 

 

ですから、出版社さんから依頼が来なくなれば、本は出せません。 

 

私は、そんなに人気のある書き手ではない、と冷静に判断し、自覚しています。 

 

いつまでも依頼が来るとは考えてないです。 

 

だからこそ、依頼がもらえるうちは一生懸命に書こう! 私が知っていることを精一杯、皆様にお伝えしよう! と思っています。 

 

60冊……は、ありえませんので、読者さんの収納は大丈夫ではないかと、そのように思います。ニコニコ

 

それから、リンクを貼る、私のブログの紹介をすることに関しては、許可は取らなくても全然問題ございません〜。 

 

シェアしていただけるのは、願ってもいないありがたいことですので、大歓迎です。 

 

お返事をいただけたら幸いです、と、とても丁寧に書いて下さっている方がいらっしゃいましたが、申し訳ございません、お返事はどなたにも差し上げておりません……。 

 

もう本当に、失礼ですみません。  

 

一応、ペタやいいねで「オッケーです音譜」という意味のお返事をさせていただいてますが、失礼なことに変わりはなく……誠に申し訳ございません。

 

そこのところ、ご理解していただけたらありがたいです。

 

さて、前置きが長くなりました。 

 

外国の神様の最終編です。 

 

アリゾナ州フェニックスの空港が、セドナに一番近い空港なので、到着も帰国便の出発もこの空港でした。 

 

帰国日の前日にフェニックスに戻っても良かったのですが、フェニックスから車で2時間の場所にある「サワロ国立公園」に行くために2日前の夜に戻りました。(この国立公園はサボテンで有名です。フェニックスからさらに南下したところにあります) 

 

しかし、往復4時間の運転がちょっとしんどいかな、と思ったので、無理をせず急きょスケジュールを変更しました。

 

丸1日ぽっかり空いて、フェニックスのどこに行こうか……と、地図を見た時に、「ああ、ここだ」と思ったのが、「マクダウェル・マウンテン・リージョナル・パーク」でした。 

 

行ってみるとそこは案内板も何もなく、「何がどこでどこがどうなん?」と、すべてがさっぱりわからない、だだっ広い土地となっていました。(公園と言うのもなんだかちょっと……という場所なのです)

 

いくつかあるパーキングスペースに車を止めて、降りてみました。 

 

そのうちの一つが「HILLTOP TRAIL」です。 

 

この丘で大地の神様と会うことができました。 

 

丘の向かい側には連なった山があって、あの山に神様がいそうだなと思った私は、山に向かって神様を呼んでみました。 

 

周囲に誰もいなかったので、「お山の神様〜!」と、フツーに声に出してみました。 

 

しかし、返事は返ってきません。 

 

何度かトライしましたが、この周囲の山には、山岳系神様はいませんでした。 

 

そこで、ふと……大地が広々と目の前にあることに気がつきました。 

 

もしかしたら、大地の神様がいるかも? と思った私は、今度は大地の神様を大声で呼んでみました。 

 

すると、はるか遠くから、滑るように流れるように、ス〜ッと来てくれたのです! 

 

その姿は美しい女性で、ギリシャ神話の女神のような格好をしていました。 

 

 

肩にかけている布はありませんでしたし、細かいところが違うのですが、雰囲気はこんな感じです。

    ※写真はGoogleからお借りしています。

 

 

アメリカの大地の神様は、およその目安として、ひとつの州に最低1柱いるそうです。(大地は州で区切られているわけではありませんから、一応の目安です) 

 

2柱も3柱もいるところもあるそうです。 

 

「この周辺の山には、山の神様はいないのですね?」とお聞きしたところ、 

 

「お前の目の前に見えている、それは山ではない」と言います。 

 

私が山だと思っていたその岩山は、「大地の一部である」とのことでした。 

 

えーっ! 完全に山なんですけど? と思ってカメラをズームにしてみたら、なるほど、と山ではないように思いました。 

 

大地の一部がちょっと高くなっているだけで、山ではないから、山岳系神様はいないとのことです。 

 

外国って日本と地形が違うんだな~、と思いました。 

 

アメリカの人は気づいていないと思われますが、この神様は人知れず、人間を助けています。 

 

自分が守る範囲の土地にいる人間が、GODのほうの神様に祈りを捧げている声が、時々、この神様の耳に届くのだそうです。 

 

その中に、切実なお願いが入っていたら、行って助けていると言っていました。

 

聞き流すことができない、という優しさをお持ちなのです。 

 

誰にも気づかれませんから、お礼を言われることもなく、本当にひっそりと人助けをしておられます。 

 

この神様の眷属は、全員が天使の姿をしています。 

 

グランドキャニオンの精霊と似ていますが、天使のほうがサイズも力も大きいです。 

 

眷属に神獣の姿のものはいないようで、私には見えませんでした。 

 

この大地の神様と会うには、大地を見渡せるほどの広い地域にある小高い丘に登ります。 

 

そこで呼ぶと、神様を呼ぶ声がその広大な大地を風のように通り抜けて、神様のもとに届くようになっています。

 

 

 

 

この丘の上で大地の神様とお話ができました。

右側の草むらに野生のウサギがいたのですが、ピョンピョンと跳ねてあっという間に隠れてしまいました。

カメラが間に合いませんでした~。 えーん

 

 

 

 

 

まず、正面に見えるこの山に向かって呼びかけてみました。

しかし、返事は聞こえません。

 

 

 

 

 

この山は、山ではなく大地の一部だと、神様が言います。

え? 立派な山に見えるんですけど……とズームにしてみたら、

 

 

 

 

 

たしかに、私が今まで見てきた山とはちょっと違っています。

山岳系神様がいないのもわかる、と思いました。

 

 

 

 

 

サボテンがにょっきりとはえている景色です。

 

 

 

 

 

駐車場、広いです!

 

 

 

 

 

サボテンって可愛いんですね~。

手が愛らしいです。

 

 

 

 

 

いろんな種類のサボテンがはえていました。

 

 

 

 

 

サンゴみたいなものもあれば……

 

 

 

 

 

木に似たものもあって……

 

 

 

 

 

パッと見、目玉が飛び出ている深海魚のようなものもありました。

 

 

 

 

 

何気に写しているこのサボテン、すっごく背が高かったです。

 

 

 

 

 

次回がもしあるとすれば、今度はサボテン公園に行ってみたいと思います。

 

 

 

 

 

大地の神様が来たのは、0:34~0:35 の画面の正面の方向です。
これは丘の周りをぐるりと一周撮影しているので、ちょっと見づらいかもしれませんが、どのような雰囲気なのか…が、おわかりいただけるかと思います。
ただ……すみません、風がビュービューと、超うるさいです。

 

 

 

 

大地の一部と言われた山をアップにしてみました。

 

 

 

 

4月6日発売の新刊です。

空海さんの魅力がいっぱい詰まった本となっています。

空海さんと皆様の橋渡しができることを心から願っております。

聖地・高野山で教えてもらった もっと! 神仏のご縁をもらうコツ

 

 

こちらは楽天にリンクしています。

 

 

 

AD

リブログ(4)

  • 高野山4月17日参拝

     桜井織子さんの新刊を読んでからの参拝。写経・受戒と体験し、著書に書かれいる清高神社にも参拝。豊国廊でも感じたけど織子さんの影響はすごい‼︎すでに色々とお供え物が(まあ私もお酒とおいなり持って行ったけどさぁ)祝詞をあげ、境内でお供え物終わったおいなりを食べてのびんり休憩させていただきました…

    satolale

    2017-04-18 05:56:59

リブログ一覧を見る