お手間でなければ、応援のクリックをいただけると嬉しいです。
ひっそりとスピリチュアルしています-ブログランキングへ



ここ最近の記事について、いろいろとたくさん質問がきました。

その中のいくつかについて書こうと思います。

質問全部はどうしても載せられないので、今回載せられなかった方々のご質問については、またの機会に書かせていただきます。

本当に申し訳ございません。

そこのところ、ご理解いただけるとありがたいです。

まず、これはどうしてもお答えせねば! と思ったのが、 ”自分が選んだ仕事”  についての質問です。

男性スタッフのことを書いていますが、そのスタッフを20代の先輩と書いたことで 「20代で先輩ということは、識子さんも20代かそれ以下ですか?」 と質問されました。

ハーイ! と手を挙げて元気に答えたいところですが、違います~。

私はアラフィフのおばさんです。

記事に書いている男性は20代なのですが、社歴が私より古く、仕事の上では先輩、という意味で書きました。

次は ”小さな神社にお礼をする場合” の記事についての質問です。

「お礼ではなく、お参りするときにお酒を持っていくのはありなのでしょうか?」

ありです。

ただし、 「お酒を奉納するので、このお願いを聞いて下さい」 という ”取り引き” のようなことを言ってはいけません。

神様は、人間が取り引きをする存在ではないのです。

私の母が、一週間お稲荷さんに通って、願いを聞いてもらえた話を書きましたが、あれは油揚げを一週間奉納したから願いを聞いてもらえたわけではなく、お稲荷さんと交わした約束通り一週間頑張って通ったからなのです。

ですので、普段の参拝でお酒を持って行く時は、純粋に神様にお酒をお供えしたくて持って来ました、という気持ちで行きます。

私の生まれ故郷の山岳系神様も、お堂が小さくて神主さんがいません。

私はこの神様にお参りする時は必ず、いろんなお供えを持って山に登ります。

普段のお礼というよりも、この神様に対する ”大好き” という気持ちを形にしている、という感じです。

ですが、そのお供えについては、召し上がって下さいねとか、持って来ましたよとか、そういうことは一切何も言いません。

自分がお供えしたくて勝手にしているので、なんというか、 ”してますよ” と強調すると、恩着せがましくなってしまうからです。

神前にお供えするだけで、気持ちは十分伝わります。

次は、私の ”伏見稲荷” の記事を読んで、伏見稲荷におとりなしをお願いしに行き、そのお礼をしたい、という方からです。

山頂のお社にお供えをしたいということで、 「神様になっている伏見の稲荷大明神も油揚げを喜びますか?」 という質問です。

神様になっておられる伏見のお稲荷さんには、油揚げはお供えしません。

お酒だけで十分です。

が、あそこは眷属が大変多いので、私だったら眷属用のお供えも持って行きます。

神様用と眷属用の区別がつくように、神様は小ビンの少しいいお酒にして、眷属用はワンカップで大丈夫です。

もちろん、眷属には油揚げも持っていきます。

眷属用のお酒と油揚げは、一個ずつで構いません。

眷属にも礼を尽くすことで、神様にも、もっと喜んでもらえることになります。

その流れで同じような質問ですが、小さな神社に、お礼に持っていくお酒は、小ビンではだめでしょうか? という質問もありました。

大丈夫です。

新品を持って行き、フタを開けて奉納すれば、一升瓶でもワンカップでも小ビンでもいいです。

「小さな神社について、 ”神主さんが居ない所は神様はいなくて、むしろ動物霊等がはびこってるから、お参りしない方がいい” と神道の人から聞きました。僕は、神様が居るかどうかわからないのですが、お参りして大丈夫なのでしょうか? 自分の勘を信じて、決めればよいでしょうか?」

私は動物霊等がはびこってる神社にまだ出会ったことがないので、何とも言えませんが、前述した私の生まれ故郷の山岳系神様のところに神主さんはいません。

ですが、とても霊格の高い神様で、眷属のお稲荷さんもかなり格が高いです。

もしも動物霊等がはびこってる神社があるとしたら、それは何らかの感覚で感知出来ると思います。

ご本人がおっしゃっているように、自分の感覚が一番確かです。

静かに感覚を研ぎ澄ませると、神々しく感じないとか、なんか暗い気がするとか、なんとなく好きじゃないとか、そう思ったら、相性がよくない神社の可能性がありますので、別の神社にされた方がいいと思います。

もしも相性がよくないことがわからなかったら、どうすればいいの・・・? と心配になる方がいらっしゃるかもしれませんが、 (じっくり感じれば、みなさん必ずわかると思います) たとえ相性がよくないとしても、行くのは全然構いません。

相手は神様ですから、バチが当たるということも、障りが出ることもないです。

私は京都の晴明神社と相性がよくないのですが、行っても頭痛がしたり、気分が悪くなったりしたことはありません。

ただ、中にいる方が ”はよ、帰ってほしいわー” と思っておられるのがひしひしと感じられて、長く居てすみません、とちょっと居心地が悪い程度です。

あとは、波長が合わないので、いただける恩恵が少なくなる、といったところでしょうか。

「誰かが放置して悪くなったお供え物がある場合、個人の判断で捨ててもいいのでしょうか? お酒などの液体は神社の敷地外なら捨ててもいいでしょうか?」 という質問もありました。

お供えして時間がたつと、食品は腐るし、お酒にはカビがはえます。


それはもうお供え物ではなくゴミになります。

神様の前にゴミがいつまでも置いてある状態は良くないので、片付ける方が喜ばれます。

ゴミは捨てても大丈夫です。

長くなったので、次回に続きます。


クリックしてもらえると嬉しいです。 (*^_^*)
ひっそりとスピリチュアルしています-ブログランキングへ
 このバナーをクリックしてもらえると、ブログランキングというサイトに点数が入ります。(1人1日1回のみ)


多くの方にクリックをしていただければ、ランキングの上位になるので、初めてランキングサイトを訪れた人に読んでもらえる可能性が高くなります。


1人でも多くの方に読んでもらえたらいいな、と思って、日々頑張って書いておりますので、クリックをしていただけたら嬉しいです。

よろしくお願いします。