駆け引きの才能。

テーマ:

ワタシの苦手科目「駆け引き」。

待つ事が苦手なワタシには難しすぎる。

これでも以前よりは上達した。

人は経験から学ぶ。

身に付くまでに何人無駄にしただろう。

今だったら、あの人とうまく付き合えたかもしれない。

でも順番を変えることなどできない。

ワタシの得意科目の「不毛な妄想シリーズ」だ。

「駆け引き」は恋愛関係の男女の仲だけに必要なエッセンスではない。

同姓の友人にも異性の友人にも、ゲイにも必要なのだ。

なんと親子関係にも必要なのだ。

...仕事にもだった。

頻繁にメールをくれる友人は、いつも彼女の方からだったり、

彼の方からだったりする。

特に不快ではないが、とくに嬉しくもなくなる。

ワタシから連絡をしないと親から連絡がくる。

一時期、社会に疲れ(!)弱っていた時に、母によく電話をした。

ある日、母から電話がないことに気付いた。

しばらくこちらから連絡するのを絶つと、母から電話がかかった。

声がやさしい。なかなか切らない。

皆、いっせいに「駆け引き」を辞めるのはどうだろう!

話したい時はすぐ電話。

会いたい時は会いたいと言う。

スケジュールが空いていたら、空いていると言う。

電話番号を教えてもらったら、遅くても翌日にはかける。


3日も待たせない!

また得意科目の「不毛な妄想シリーズ」だ。

つづく...?

AD