誕生日の過ごし方。

テーマ:

先日の8月6日(土)は、ワタシの34回目の誕生日。


友人達から、たくさんの「オメデトウ!!」をいただきました。

友人達にはワタシの誕生日を忘れられないよう、

「ハム(86)の日」と覚えさせることにしています。

作戦は成功のようです。


「ようこそ、34歳の世界へ。」という魔界への招待状のようなものもあれば、

おめでとう!のメッセージと一緒に上司の愚痴までいただきました。

どんな内容でも、ワタシの誕生日を心にとめてくれたことが嬉しいのです。


しかし、誕生日でもアクシデントは容赦なくやってきます。

そんな時、ワタシは「んも~、誕生日なのにぃ。」とは言いません。思いません。


しかし、他の日よりも重く感じられるのは、いたしかたありません。


頭にタライが落ちてくるようなアクシデントであれば、

オイシイのでいいのですが、今回はそうではなく、

心無い人の行為により、心が震えました。


数日前、このブログを見た新聞記者から取材を受けました。

その記者の取材目的を伺うと、このブログのコンセプトに添う内容だったので

協力することにしました。


が、その期待は裏切られました。

「負け犬」の代表として挙げられたのです。

「負け犬論争と闘う未婚者」という意図のもと書かれてしまいました。


また、ブログの他に詳しく説明した内容があるのですが、

全く違う内容として書かれていました。


実はこれが一番こたえました。

内容はここでは詳しく書きません。

書くと悔しい思いがふくらむので書きません。


ワタシは新聞が嫌いになりました。


全ての記者が同じ人格ではないことは、わかっています。

が、ワタシの心境は「新聞はキライだ!」です。


誕生日の一日に人生」を見たように思います。



また、8月6日は本当は「ハムの日」ではなく、

広島に原爆が投下された日です。

今から60年前の出来事です。


この時期になるとTVでは、よく戦争時のエピソードを特集します。

「ほたるの墓」も放送されていましたね。

ワタシはそれらの特集を見ます。


戦争の背景には、一人一人の人間の背景・環境があり、

そこに焦点をあてると、本当に戦争は愚かな行為だと思えてなりません。


戦争ではなくとも、日常の生活の中でも、

人を人とも思わない人々が時々現れます。

また、最近では、家族が家族を殺しあう事件は、

もう珍しくはありません。


子供が殺されています。

母に父に、変質者に・・・


皮肉なことに、戦時中に家族の結束は固く、

戦後の平和に、人間達は身近な人を殺しているのです。


まったく・・・。



来年の夏にも、誕生日がやってきます。

パッピーな出来事も、

アクシデントもなんでも来いです。

全力で乗り切りますとも。



只今、人間34年目です。










AD

40代のキレイな女性が増えている。

そして若い。

<若作り>ではなく、若い、言い切る。


彼女達のライフスタイルを特集している雑誌は買い。

コスモポリタンは毎号を引いて読んでいる。


女は顔だ。

形成ではなく、表情が女の品格を作るのだ、とワタシは常日頃から思っている。

その点、ワタシは表情ブスだ。

黙っていると「怒ってるの?」と聞かれてしまう。ゴキゲンなのにだ。

ショッピングをしていて、不意に鏡に映った自分の表情に驚くことしばしば。


なので、ワタシは表情美人に憧れる。

周りの友人の自然な笑顔。

映画での女優のキメ顔

ワタシは真似る。

自分にないものは真似るのだ。


意識して、笑顔を作らなければいけないワタシ。

他に意識している事は...

メールやネット上での言葉使いかな。


出来ない事は、放置せず対策を!

意識して、実行する。これはこの話題に限らず。


そしてこれがポイント。

もちろん周りには、そんな努力は見せずに涼しい顔をする。


40代のキレイな女性が増えている。

ステキです。









AD

インテリアに凝る人がいる。

 

あなたの部屋のコンセプトは何だろう?

アジアン、モダン、ポップ、アンティーク...ミッドセンチュリー?

NYの古アパートメント風?

 

友人を食事に誘った。今、話題になっているお店にコネができたのだ。

「今日は部屋でのんびりしたいの。先日買ったソファがやっと届いて...」

と返信が戻ってきた。

“自分の部屋が落ち着く...”と以前から話す彼女だ。

 

 

徐々に家具を揃い集めれば、30歳も過ぎると、部屋はほぼ完する。

途中でコンセプトをチェンジしていなければの話だけれど。

 

友人の中には、インテリア雑誌からの取材を受けるほど

完成度が高い人もいる。

本格的なダーツをとりつけた彼の部屋はミッドセンチュリー。

 

寝るだけの部屋の持ち主は、世界観に乏しく、魅力がない人が多い。

でも、自分の部屋に好きなモノを持ち込んで、

自分の世界観を持ってる魅力的な人は、

あまりの居心地の良さに友人からの食事の誘いを断る...

 

外を歩くのは、世界観のない人ばかり?

 

自分の部屋の居心地の良さは私も知っている。

けれど、自分の部屋では次に何が起こるわかってしまう。

次にかかる曲も次の次にかかる曲もわかっている。

自分が城の主なのだから、自分に不愉快な事は起こらない。

予定外の事は起こらない。

 

突然、オーダーしていないサラダが運ばれてくることはない。

隣の人にビールをかけられる事もない。

自分の部屋はとても安全な場所なのだ。

 

...もしかして、30代の出逢い率降下の原因はこれ?

部屋の完成度の高さ?

 

だとしたら、独身者には勝手に自分の部屋に入られては困るのだ。

恋愛はパートナーがいなければできない。

部屋の中にいられては、見つける事ができないのだ。

 

同姓の友人は、楽しくシングルライフを過ごす為には、大切なパートナーなのだ。

 

 

OK!!

しばらくはその安全な“シェルター”で、のんびりしてらっしゃい。

私は“予定外”をうんと楽しんでくるから。

ババーイ!

 

 

AD