男女の出逢い(出会い)のきっかけとなるパーティを運営しているワタシ。


「今度、サクラで参加させてよ!」と、よく言われる。

このような事を言う人のほとんどは、
そのセリフを言う時かなり上機嫌であるという事。

いわゆる“ウハウハ”である。


ワタシの冷ややかな反応に、その浮かれ顔のまま、3秒間静止する。

ワタシはその間、無表情アホ面浮かれ顔がなくなるのを待つ。


相手の頬がゆっくり降りる頃

「サクラで参加とは、どのような状態でしょうか?」

と尋ねる。


これは、意地悪ではなく、本当に意味している事がわからないから聞くのだ。


出逢いの席において、姿を現している以上

どう“サクラ”なのだろう。


1つわかるのは、当パーティでは“独身者”が登録資格なので

“既婚者”をワタシが知っていて参加させたとなれば

“サクラ”という事になる。


それ以外に“サクラ”の状態が思い当たらない。


ワタシの問いに対して、サクラ”を望む人から返ってくる反応も

いつもほとんど同じ。

「いやぁ~、ん?う~ん。え~と。そういう意味じゃなくて。よかったら呼んでってこと。」

だ。


「そういう意味じゃなくて?」ってなんだ?おい!

こちらが「どういう状態ですか?」って聞いているのに。

「よかったら呼んで・・・」ってなんだ?おい!

今度は「よかったら」の意味がわからない。

普通に登録して参加して下さい。面倒クサイ。


アホそのような人達がよく言うことがある。

ワタシが仕事のことを話していると、

「っていうかさぁ、自分(ワタシ)も結婚したほうがいいんじゃないの?アハハハハ!!」

うわぁ・・・バカ丸出し。


と、いう訳で当パーティでは、主宰のワタシがこういう人間なので

パーティに“サクラ”は参加しません。
させません。させるもんか!

安心して、参加していただけます。


メンバーに、「変な人がいたらマリアさんが、変な人にしっかり言ってくれるから、いつも安心です。」

と言われます。


まぁ、それがプライベートでは裏目に出ちゃってるんですけれど。


自称「グレーゾーンがキライな女」、マリアです。










AD

コメント(11)