まさかの3日3晩
旦那はモモカの
選択科目について
ひたすら不服を
申し立て続けた。



「家庭科が無駄」⁉

その偏見に
うっかりブチ切れたのは



私だった(真顔


積年の恨みつらみでもあるのか
無慈悲にディスられる
「家庭科」が不憫でならない。

久方振りに
嫁から一喝を喰らった旦那は
一言も発する事無く
どこかへ消え失せて行った――



次の日、チハナが
私に教えてくれた。






ウケる(微笑





$ホリー絵日記





↑結局最後まで
旦那に何も言われなかった
モモカは――

普通に「家庭科」を
選択していた(微笑