『月見はり』は十五夜に小児鍼をすると健康に過ごせるという風習です。 | 小児はり・お灸 ~ホリスティック・タオ ハウスのブログ

小児はり・お灸 ~ホリスティック・タオ ハウスのブログ

東京都内で個人治療院を持つ、女性鍼灸師の集まりです。
女性と子どものための はり・灸・あん摩・マッサージ治療を行っています。
講座の開催を通じて『心と体に良いこと』を情報発信しています。


テーマ:

月15日の十五夜に 『小児はり』 をすると、健康に過ごせるという風習の 『月見はり』。

 

9月6日(土)には大田区の やすら木治療室 、7日(日)は日野市の はり灸治療室るんびに が 『月見はり』 を行いました。本日は、るんびに で行われた 『月見はり』 の様子をレポートします。

 

今日は、『小児はり』 が初めてのお子さんと、やったことがあるお子さんがいらっしゃいました。

知らない人がいたりしたので、どちらも緊張で顔がこわばっていました。

ママやパパもちょっと緊張すると思います。それはそうですよね。初めての場所で大事なお子さんに何をされるんだろうとドキドキしますよね。そこで、育児や家事でお疲れのママがお灸をお試し。ママがリラックスしているとお子さんも安心してきました。専用の道具(小児はり)でお腹や背中、手足や頭をやさしくナデナデ。子供はやっぱり正直ですね。気持ちのよいことが大好き。折り紙で作ったメダルをお洋服にくっつけて、ニコニコと手を振って帰っていきました。

 

9月8日(月)も、ホリタオの鍼灸師による 『月見はり』 を下記治療院で行います。ご相談もお受けしております。

この機会をぜひご利用ください。

 

ao akua(アオアクア)治療院 ⇒詳細はこちら

はり灸治療室るんびに ⇒詳細はこちら


月見はり小児はり

ホリスティック・タオ ハウスさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス