私が興味津々でblogを読んでいる人の一人、
イゲット千恵子さん。

ハワイ在住の起業家で実業家。
この度本を出版されたので、
その記念講演のために、来日されました。

で、なんと、名古屋にもラブ

もちろん、申込開始とともに、
即、応募!
行ってきましたよっウインク


ハワイ~口笛な写真ピンクハート

タイトルも衝撃ですが、
サブタイトルの

『僕の人生は僕が決める』

も、
私の好きなメッセージです。

背筋伸ばして
心して聴いてきましたおねがい


ところどころに、
blogでもお馴染みの、
私の好きな千恵子節が入りつつ(笑)、





内容は、真に迫るものです。

今の子どもたちの未来は
私たちが想像するより遥かに厳しく
なるそうです。

そうですよね、
安泰と言われていた企業が次々と
倒れていくのですから。

しかしながら、世界から日本を眺めると
日本の教育はいまだに
プロのサラリーマンを育てる教育が
なされているそう。

そうした古き良き昭和の教育から
脱皮する必要がありそうです。

千恵子さんのお話の中で、
なるほど!と思ったのが、

『華僑のビジネススタイルを身に付ける』

ということ。

華僑の人々は各国に中華街なんかを作り、
成功させてます。
これは、その国に溶け込んで、
うまく人脈を作っているからです。
それがスタンダードになるような、
ガンガン行こうぜ!の子どもが育つ
教育をしましょう、と。

かなり、刺激的だったので、

このあとに、ドリームマップの創始者の
秋田稲美さんとランチしながら、

『聴いていておもったんですけど、
子ども起業塾が必要ですよおーっ!

に始まり、
セミナーで聴いたことを熱く語って
しまいました。

そうしたら、ですねぇ……

『それ、私もやりたいことなの~ニコニコ
まず、レモネード屋さんやる?』

!?


稲美さんの話を聞くと、どうやら
海外での、子どもに起業を伝える
初めの一歩が、
レモネード屋さんなんだそうです。

レモネード屋さんをやるには、
星何が必要か
星どこで材料を仕入れるのか
星レシピはどうするか
星看板はどうするか
星試作
星シュミレーション

……などなど、事前準備もあり、
当日は当日で、

星何時から何時まで営業するのか?
星誰がどの役割をして、何人必要なのか
星何をどこに置くのか
星注文はどうやって聴くのか

……なんて、いう、多分、これは
ほんの一部だと思いますが、
やることがいっぱいです。

そうです、ビジネスの一通りの流れが
あるわけです。

それを、6月4日にはちみつのイベントやるから、
そこで、やらない?と。


……はい、ということで、
稲美さんのひふみ起業塾の子ども版
『ひふみkids』が誕生し、
そのファーストイベントとして、
レモネード屋さんが決定しました!

6月4日(日)に星が丘テラスで行います。
10歳~12歳の8名のkidsをお待ちしてまーす!