カウンセリング感想〜子供が選んだタイミングと思えるように〜 | ドイツよりお届け「本当のあなたを目覚めさせる」魂の扉を開くヒプノセラピー

ドイツよりお届け「本当のあなたを目覚めさせる」魂の扉を開くヒプノセラピー

ヒプノセラピスト・ドイツの認定ホリスティック栄養アドバイザーの美保が、ホリスティックな視点から体・心・魂の健康について考察していきます。自然療法の国ドイツならではの生活もお届けします。


テーマ:
ヒプノセラピストのクルーファー美保です。


カウンセリングのご感想をいただきましたので、
クライアントさんのご了承を得て
一部ご紹介させていただきます。


「目下のストレスは、
・語学力が無い。周囲と比較してはいけないと思っても、自分はできていないという劣等感。
・ドイツでの子育てに自信が持てない。子供にきちんと教育をしてあげられていないのではという罪悪感。
海外生活、出産・育児など同じ経験わされてきた美保さんにお話を聞いて頂き、「分かる」と言って頂けただけで少し心が軽くなった気がしました。カウンセリングで最も印象的だったのは「子供に◯◯して」と頼まれたのか?という事。罪悪感は罪を犯した者の感情だという事。。
私はよく、ドイツにきてすぐ妊娠してドイツ語を身につける時間が無かった...と言っていました。でも私達夫婦を幸せにする為に、子供が選んだタイミングだったと思えるようになってきました。ドイツ語はこれから勉強すればいい!もっと多くの人とコミュニケーションを取りたい、友達を作りたいといったプラス思考で行動発進できるようにしたいです。
カウンセリングを進めていく中で、ヒプノセラピーに更に興味が出てきました。今度はゆっくりと時間を掛けて受けてみたいです。普段意識していない問題がスッキリしそう...
ありがとうござました!」




海外生活で、ただでさえお母さんも大変な中
はじめての出産・育児、言葉の不安、家族と離れて孤独な子育て。

こうして苦しい想いをされている方、たくさんいらっしゃると思います。


胎内記憶を研究されている日本の産科医池川明先生は、
映画「かみさまとのやくそく」の中でこんなふうにおっしゃっています。

~赤ちゃんは、お父さんとお母さんを助けるために生まれてきた。
特にお母さんを助けるため。子供は親の笑顔が見たい。
子供は誰もお母さんに、自分を犠牲にして育てて欲しいなんて頼んでいないよ~


笑顔が素敵で、こんなに愛情深いクライアントさんの元へ
やってきてくれた赤ちゃんも幸せ者ですね。

赤ちゃんもご両親も、お互いこんなに愛し合っている。
だから、安心してハッピーで笑顔な日々を送っていってくださいね!


よろしければ、下記の記事も合わせてご覧下さい。
「罪悪感で金縛り!?」
「子の願い、親の願い」




2016030201












クルーファー美保
~ヒプノセラピーセッション~


・年齢退行療法(トラウマ・インナーチャイルド)
・前世療法
・胎児期退行療法
・分身療法(パーツセラピー)
・グリーフセラピー(悲嘆療法)
・心身緩和セラピー
・リラクセーションセッション(ストレスなど)
・暗示療法(自己啓発・ダイエット・禁煙などの行動修正)
・ソマティックヒーリング(体細胞療法)
・未妊セラピー(個人セッション・グループ講座)
・ヒプノ赤ちゃん(催眠出産)講座
・マタニティーセッション

お問合せはinfo☆holistic-health-germany.comまで
☆を@に換えて送って下さい。



天使いつも応援クリックありがとうございます天使
ジモモ フランクフルト

魂の扉を開くヒプノセラピスト・クルーファー美保さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス