代替医療師と代替医療、自然治癒力の意味するところ | 代替医療師Vanillaのブログ

代替医療師Vanillaのブログ

健康でいるのも、きれいでいるのもあきらめたくない! シンガポールにて、日々精進。


テーマ:
最近 また新しい読者の方が増えているので

過去に書いてきたことのまとめ的なことを 今一度

書いておこうと思います


『代替医療師』って なんだろう はてなマーク

一体 どんな職業なの はてなマーク

そもそも 代替医療って なぁに はてなマーク


このBlogに行き着いた読者の中には こんな疑問を

持たれる方も いらっしゃると思います


そもそも 『代替医療師』 という職業が 存在するわけでは

ありません 得意げ

私が 勝手に作り上げた造語です

このネーミングに意図していたことは 

「代替医療」という言葉そのものを

まずは 知って欲しいからなの



代替 とは 言葉通り 代わり になるものですね

何の代わりかというと 主流としての医療である 

西洋医学の 代わりです

これでは 少し語弊があるよなぁ。。。。。

なぜなら 厳密には西洋医学の代わりになるものは

ないからです

言うなれば 西洋医学を実践する代わり に なるもの

という方が ぴったりくるかもしれません


西洋医学だけじゃない という そこ が 

まずは 知って欲しいこと かな ひらめき電球


西洋医学ではない その症状への アプローチ

また 改善への道は ほかにもたくさんある

すべてを ひっくるめて 代替医療です


そして 最も大事な ポイントは 西洋医学も 代替医療も

どれも 完璧ではない ということ

このBlogを書き始めた頃から おなじことを繰り返して

書いておりますが 

どんな療法にも 得意分野と 出来ないことがある

それらを 知ることも 大事なこと

どんな療法があるのか も大事ですが 同時に

どの療法にも メリットとデメリットがあり

そこを理解し 自分に合うなと 思うものを チョイスする

いつも言うところの

いいとこ取りをしてね って ことですわ


そして それは ひとつでなくていいのです

たくさん あっていい むしろ あった方がいい


なにをかひとつを妄信しないこと ここ ポイントだよ ビックリマーク


たかが鼻水で 薬を投与する必要はないし

交通事故で流血して倒れている人に 

レメディーを差し出すだけでは 無理に決まっている


西洋医学は悪ではないし

代替医療はインチキでもない



どちらかに 偏りすぎるな ということが

少しでも 伝わるといいな と思います


カラダの仕組みを まずは 理解して 一体 何が

体内で 何が起こっているのかって 知っていて欲しいなぁ


もちろん それは そんなに簡単なことでもありません

ルールはわかっても 実際に 今 あなたの体内で 何が

起こっているのかなんて そのルールだけでは 計れない。

途方にくれる人が 多いのも よく理解しています

それが 一番 まずいのだよなぁ。。。





今まで どんな 病気になってきたのか 

どんな投薬の歴史があるのか 

遺伝的に持っている要素は何か 

どんな生活習慣で どれくらい生活してきたのか 

(何を好んで食べてきたのか。

嗜好品は何か。 運度は。 頻度は。などなど)

精神的ストレスはどれくらいなのか

環境的ストレスはどれくらいなのか

身体的ストレスはどれくらいなのか

まぁ。。。ほかにも たくさんの情報が 必要なのですが

こういったこと全てが 

『いまの症状を作り出す そのカラダを導いてきた』 

ということを 認知しなくてはね

この意味 わかるだろうか。。。

分かって欲しいぃ


症状は 必ず その背景があって そこに導かれます

理由がゼロのことはないのです

いつもいうところの 『症状には必ず理由がある』

もし その理由を思いつかなければ 

その立ち位置では 見えないだけなのよ


それらの症状に アプローチする方法は だからこそ

たくさん 知っていて欲しいと 前回の記事で書きましたね

これ→ 「これからの医療・身近な相談できる人と自分で出来ること」


もうひとつ 

これも授業では お話していることですが

いま よく聞く 『自然治癒力』ですが 

これもね

勘違いして 受けとっている人が多いのかもしれません

代替医療を 実践する人に多いのですが 

「治癒力があるから大丈夫」 という 妄信的な

信じ込みは 危険でもあります

治癒力があるから大丈夫なのは その治癒力の

発動の仕方を分かっている人のみ

また そのサポートをしてきた人 

サポートの仕方を 知っている人 にほかならないのよ



確かに すべての人に 自然治癒力は 備わっている

でも それは ただ あるだけだったのか 

あるだけで 存在を無視してはこなかったか

つまりは 抑圧をしてこなかったか

自然治癒力を しっかり 鍛えて 強化してきたかどうか

ここには 大きな差が生まれます


自然治癒力は ただ 持っていただけでは 自分のために

発動することはありません。。。


昨日まで どんな小さな症状にも 薬を投与してきた人が

「そうかビックリマーク 私には自然治癒力があったんだ

今までしらなかったけど 今日から それをしっかり

利用しようっ 音譜

と 思うことは まずは第一歩だと思いますが

そこで いきなり 自然治癒力に頼ることが

何を意味するか しっかり理解していないと

カラダはびっくりしてしまうのだよ。。。。

ここのところを セミナーでは イメージワークして

もらうのだけど

平面の記事では どうお伝えしたらよいのかなぁ。。。あせる 


 
投薬が 大好きだった人が いきなり投薬を

やめると生じる症状の そのメカニズムを

理解せずして 

「ただ 何もしない」を 実践することは

非常に 危険なことでもありますのです

例えば

この部分を 理解せず いきなり脱ステに走るのも

無謀であるということなのです

いや相当なガッツがあるなら 別ですが 

安易な気持ちで「自然治癒力」を妄信しないビックリマーク 


放置されてきた 治癒力 なのか

鍛われてきた 治癒力 なのか


それくらいは 自分では分かるかな はてなマーク

どちらかなのかで 代替医療との関わり方も 変わります


ううむ。難しいなぁ

今日 おのころ氏の記事でも いいテーマがとりあげて

ありました

これ→ 免疫力は高めればいいのか?

これも いいとこ ついています


自然治癒力の意味するところ

免疫の意味するところ



代替医療を 実践したいな と思うひとは

まずは ここのところを 理解して 極端に

その言葉の表現するところを 自分で作り上げてしまわぬよう

注意しておいたほうがいいかもしれません



免疫学基礎 では 基本的なカラダの仕組みと

身近な症状を 学びましょう

だから どんな方にも 受けてみて欲しいし


免疫学上級 では この免疫の意味するところを

一緒に考えていくものです

だから 特に治療家やセラピストには 知っていて欲しい


代替医療 を実践し

自然治癒力を発動させるお手伝いをするのが

代替療法家で または セラピストで

あるならば この辺を しっかり叩き込んで

クライアントに接して欲しいな



話がずれてまいりましたが

代替医療を実践するうえで それが 

いっぱんの方でも セラピストの方でも 

いまいちど 自分の治癒力の在り方や

その存在の意味 また 発動のさせ方を 

免疫の働きとともに 理解し直してみては

いかがだろうか

$代替医療師Vanillaのブログ

ちょいと支離滅裂だったかな


代替医療師を名乗る私が 代替医療の何を薦めているのか

ちゃんと伝わっているといいな と 思っています

まぁ 発信していることは 100%私の思うようには 

伝わらない ということも 

重々承知したうえでの つぶやきですた


素敵な週末をね (Θ_Θ) Love



      ペタしてね

チャおとめ座

代替医療師Vanillaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。