アメリカ公共ラジオ(NPR)出演番組が公開されました! | 現役翻訳者が教える、世界に羽ばたく翻訳者になるレッスン

現役翻訳者が教える、世界に羽ばたく翻訳者になるレッスン

在米英日翻訳者。英語・日本語教師。著書『写真で見る 看板・標識・ラベル・パッケージの英語表現』(クロスメディア・ランゲージ社)が発売中。翻訳者志望者・世界で輝きたい方・海外市場に進出したい翻訳者を応援します。

●アメリカ公共ラジオ(NPR)出演番組が公開されました!

 

(番組を制作してくださったティアナさん、メンターのダリアンさんと。私が手に持っているのはサンキューカード)

 

皆様、こんにちは。ランサムはなです。

 

月曜日に取材を受けた、アメリカ公共ラジオ(NPR)オースティン支局のインターンの学生さん制作による番組「First days in America」がオンラインで公開されました(私の番組のリンクはこちら)!

 

昨日はNPRのオースティン支局「KUT」のプレミア試聴会に駆け付けました!

 

私の番組を作ってくださったティアナさんを含め、6人の学生の作品が、次々に披露されました。

 

90分ものインタビューを5分程度の番組に凝縮させるために、何度も話し合いを重ね、字幕を付けたり、とても大変だったのでしょう。

 

どの学生の顔も、誇らしげで、達成感に満ち溢れていました。

 

ティアナさんは6人中、4番目に登場。

(番組の紹介をするティアナさん)

 

ティアナさんは、私が番組で朗読した、「プー横丁に立った家」の最後の部分と、冒頭で教授の方がアドバイスしていた「パラシュート・ジャーナリスト(取材相手のことを知ろうともせずに、パッと舞い降りてさっと帰って行くジャーナリストという意味と思われます)にはなるな」という教えを踏まえて、「私ははなさんと100歳になるまで交流を続けたいと思います」と発表してくださいました。

 

若くて才能のあるジャーナリストの卵、ティアナさんと、これからも交流を続けていけたら嬉しいです。

 

こちらはティアナさんと、ティアナさんのメンター、ダリアンさんとの2ショット。インタビューのときに2人で来てくれました。

 

 

お礼のカードもいただきました!

 

たくさんしゃべったのが5分に凝縮されてしまい(ポッドキャストの収録シーンなどもカットされてしまった泣)、ちょっと残念ですが(辛うじて収録シーンの写真はNPRのホームページに掲載されました)、5分程度の短い番組ですので、よろしければ、ぜひお聞きください!

 

番組のリンクはこちらです!

 

----------

いつもありがとうございます。

おかげさまで現在、「英語 通訳・翻訳」カテゴリで、2位になっております(2019年8月17日現在)!!
どうか応援をお願いいたします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

こちらもクリックしていただけると嬉しいです!

インスタグラムツイッターの方も、引き続き応援していただけると嬉しいです!