2015年度の抱負-開業20周年目に突入(@_@)! | 日本とアメリカで働く翻訳者のブログ

日本とアメリカで働く翻訳者のブログ

日本とアメリカで暮す英日翻訳者のつぶやき。新しいことへの挑戦、英語・日本語について、翻訳の仕事について。


テーマ:
皆様、新年あけましておめでとうございます!(←ちょっと遅いですが(-_-;)

お正月はどのようにお過ごしでしたか?

私は、元旦はお休みでしたが、それ以外は通常どおりで・・・
あんまり「あ~お正月だなぁ」とか、しみじみすることもなかったです。

ですけど、せっかく新年を迎えたことだし、何か抱負を・・・と考えたときに、ハッと気づいたことが・・・。

私、今年で開業20年目になるんですよねぇ(@_@)・・・
ひゃ~(-_-;)

20年って考えてみたら、すごい年月です。
赤ちゃんがオギャーって生まれて、成人式を迎えるまでの期間でしょ?

そんな長い間、一体何をやってたんだこの人は?・・・って言われないように、気を引き締めないとねぇ。

私自身は必死に締切をクリアし続けているうちに、いつの間にかこうなっていた、って実感が強いのですが・・・

ですけど、翻訳メモリソフトの「トラドス」1つを例に取ってみても、ドングルをパソコンにくっつけて作業する時代(バージョン2.2とか)から、ドングル→CD→インターネットからダウンロード→Studioへの移行をひととおり経験しているので・・・

業界がこれだけ変わっているってことは、自分も自分ではよくわからないなりに、変わって来た可能性が高いわけで・・・。

つくづく、「退化」じゃなくて「進化」であってほしいものだと思いますよねぇ。
もっとそういうことを意識した方がいいのかもしれないですね。

振り返れば、今までまったく迷いもなく突き進んで来たかというと、全然そうではなくて・・・

大体5年周期で

「翻訳業から足を洗おうか」とか・・・

「まったく別のことをやってみようか」とか・・・

「方向性を変えようか」とか、考えたりしているんですね。

昨年、米国翻訳者協会の時間管理オンラインセミナーに出たときも(体験記1回目はこちら )、(タイムマネージメント・コミュニケーション編はこちら )(作業環境編はこちら )、講師の翻訳者さんが、一時翻訳業を辞めて、マッサージセラピストをやってたことがあるっておっしゃっていました。

もう一人の講師の方も、冗談っぽく「ドッグトレーナーになるという妄想を抱いていた」とか言ってた。

そういう私も、カウンセラーになる勉強をしようかとか、ライターになりたいとか、鞍替えをしようかと真剣に悩んだ時期があったな。

田舎暮らしで学校通いが難しいということもあって、実現しませんでしたが・・・。

実は翻訳者になる前には、英語の先生とか日本語教師をしていたのですが、そのときも5年ぐらいで「このままでいいのか」と思い始めて・・・

そのときはほんとに語学教師を辞めて、翻訳者になっちゃった。

米国翻訳者協会の先輩の方たちも、「セラピスト」とか「ドッグトレーナー」とか、いわゆる癒し系の仕事への転身を実現した/夢見た、ってことは、結構、行き詰まり/燃え尽き感があったのかも・・・。

・・・そう思うと、やっぱりどんな仕事でも、マラソンランナーみたいに長距離になってくると、「このままでいいのかなぁ」「大丈夫かなあ」と悩んだり、壁にぶち当たる時期が来るものなのかもしれないですね。

同じことをやっているだけでは、自分で納得できなくなってくるというかね。

私はここ数年、社内翻訳者をやってみたり、こうしてブログを始めたりして、ちょっと新しいことに足を踏み出した影響もあってか、焦燥感みたいなものは一時に比べるとだいぶ軽減されました。

今年は、昨年以上にSNSを活用して、勉強会に参加したり、情報と知識の収集に努める一方で・・・

経験年数的には「中堅」に入ると思うし、何かを伝えて行く時期にさしかかっているかとも思うので、発信力も高めないといけないなとも思っています。

具体的には、せっかくの節目なので、ホームページを立ち上げたり、メルマガとか、そういうことも視野に入れて考えて行きたいなぁ・・・と。

Wordpressの勉強も続けないとなぁ。

・・・とか言いながら、まずは、当ブログの更新頻度を上げたいですねぇ(-_-;)・・・
時間管理の課題は今年も続きそうです。

ということで、今年の抱負はそんなところでしょうかね。
あとは、健康管理のために、ジム通いを始めたいと思います!

元々が怠け者なので、どこまで実現できることやら・・・とも思いますが・・・。

でもね、さっき自分を「中堅」と呼びましたけど、翻訳業界にはほんとにすごい人がたくさんいます。
上を見ればきりがないぐらい。

たとえば、私が仲良くしていただいていて、時々当ブログにコメントも残してくださる翻訳仲間のYさんなんか、お忙しくて表舞台にあまり出て来られないですけど、米国でフリーランスをやってもう27年目。

ご主人に先立たれて、女手1つで4人の男のお子さんを立派に育て上げられています。

大体、異国の地でシングルマザーってだけでもすごいのに、1人じゃなくて4人ですからねえ。
しかも不安定なフリーランスでここまでやって来られている。
誰にでもできることじゃないですよ。
それなのに、そんな偉業を成し遂げているというのに、全然気取ったところがなくて、強くて明るくて優しいんです。
現役バリバリでがんばっておられる、私が尊敬するお友達の一人です。

こういうすごい人が水面下にさりげなくたくさんいるから、翻訳業界は侮れないんです。
こういうすごい人と一緒に仕事ができるから、翻訳はやめられないんです。

そんなわけで、上には上がいるのも事実で、まだまだだなあと思うことも多いですが・・・
自分にできる範囲で、一歩一歩、着実に歩みを進めて行きたいと思います!

皆様にとっても、すばらしい一年になりますように・・・。

・・・ということで、今年もどうぞよろしくお願いいたします!

↓よろしければ応援してください!

ツイッター⇒@HanaKRansom です。相互フォロー大歓迎です!読者登録(アメーバ)の方もよろしくお願いします。いつも応援ありがとうございます~♪































ランサムはな(蘭野ハンナ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス