1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-06-30 16:16:20

制約はチカラ也

テーマ:ビジネス状況

さて、僕はビジネスをする上で様々な制約がある。

外食が滅多にできない。
食事中の発作が多いからだ。

さらに、致命的な制約が・・・。
独りでは外に出れないということ。
マネージャか相棒ehさんが居ないと出られない。
彼女らが、他に仕事がある時は、一歩も出れない訳だ。
これは、アポを取る際も、
自分のスケジュール+彼女らのスケジュールを見て
決定するので、非常に大変なのだ。

その他、会議中でも発作が来たら中止になるし

様々な制約がついている。

今おつきあい頂いているクライアント様は
それを理解した上でおつきあいいただいている。
本当にありがたい。

だからこそ、この制約の分、他よりも頑張ろう!

とつながって

制約が逆に「チカラ」に結びついているのだ。

制約がある分、制約を感じさせない
それ以上の結果や効果を出してこそ
って考えが常にあるから
もういいよってくらい、こだわるし、頑張ってしまう。
時に暴走しますが(笑)

しかし、最近富に思うのは、

「飛行機に乗れない」

って制約ですな・・・。

東京にだって、2時間かからず行けるのに
飛行機使えないから
調子悪いと車で行くから、片道12時間。
調子いいと新幹線だから、博多まで入れて片道6時間。
非常に時間の無駄なのだ・・・。

あんだかのぉ・・・って感じである。

金より時間を稼げっていうのがモットーなのに
スピード命で生きてるのに

最短時間で、遠方へ行けない・・・。

この解決策は未だ見つかっていない。

しかし、その制約も
なんらかの形でプラスにしようと
いろいろ試行錯誤している。

移動中の車に、DVDプレーヤー持ち込んで
普段見る時間の無い、DVDを見まくったり
録りためて、見れてないテレビ番組を
ビデオウォークマンに転送して
ひたすら見るとか
現状はそういうことに活用している。

人それぞれ制約はあると思いますが

制約をチカラに変えてがんばりましょー!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-06-30 04:14:07

信念

テーマ:本性

僕は、ある信念を持って生きてきた。

前も書いたが

「絶対に自分に嘘はつかない」

それだけ。これのみ。たったこれだけ。

でも、これを守り続けて生きてる人って果たしているんでしょうか?

今日、産まれて初めて、自分に嘘をつきました。

自分をおさえて、お世話になった人のために信念を曲げました。
その瞬間から、発作が止まりません。
やり場の無い怒りを、抑えるので限界です。

正直、(心配しないでください。いつものことです)
愛用の魚サバキ用のナイフで
腕をえぐって、怒りをおさえ、正気を保ってます。

それくらいのことが、今日ありました。

自分が間違ってなければ、僕は絶対に頭を下げません。
でも、今日は下げました。まぁ、文章でですけど。

自分に嘘をついた時は、死ぬときだ

って決めて、生きてきて
生きてる自分に、多分一番腹が立ってるんでしょう。
生き恥さらしてます。

経営者は、お金が絡むし、
スタッフの人生、その家族の人生、外注の人生、外注の家族の人生
いろいろ背負っているんで
自分に嘘をついて、彼らのために自分を殺すこともあるでしょうが
僕も、そういうことは何回もありました。
会社を潰した時も、自分が失敗したからだと
耐えに耐えて、
そして、スタッフは守れたから、やってよかったと思いました。

が、今回は、
あまりにも、汚い策略にハメられ
巧妙に相手の弱みをついてくるやり方で
なぶり殺すようなといった方がいいのかな?

で、僕自身にそれがふりかかるならば、良かったんですが
お世話になった恩人に、それをやられたんで
あふれかえる怒りをなんとか抑えて
詫びの文章を送りました。

このブログを書いたら、一切明日から忘れて
新たな一歩を踏み出すと思いますが、
正直、今まで37年と9ヶ月の僕は死にました。

流れる血と友に、死んで行きました。

そして、明日生き返って、再生して
またゼロからやっていこうと思います。

皆さんは、どういった信念で生きているんでしょう?

今回は、心までは折れませんでした。
骨を切らせて肉を断ったとでもいうのかな?
心が折れないように、腕を抉って、痛みで耐えたんだけど

皆さん真似しないように(笑)

精神力のみで生きてる僕だからの
長年の、治療法です。
決してリストカッターじゃないですよ(笑)

こんなことするの、何年ぶりだろ?

PTSDで、半ばノイローゼになった
4年前ぶりかな?

でも、ここまできて

信念ってなんだろう?

って思ってしまいました。

プライドなんて、邪魔なだけだけど
信念もひょっとして邪魔なのか? と。

信念棄てないと、経営者にはなれないのか? と。

やっぱ、俺はアーティストなのか? と。

少なくともクリエーターなのか? と。

経営者に向いてないかもしれません・・・。

やっぱ、生涯現場の、アーティストを目指す、クリエーターなのかも・・・。

とにかく、
明日笑顔でいられるように
今夜は、ひたすら
自分自身と闘い続けます。

自分自身からは、絶対に逃げられないですからね。

自分から逃げたら、死ぬしかないです。それこそ。

自分からは絶対に逃げません。

いえ、逃げられません。

生きてる限り、自分って鏡は、必ず目の前にありますから。。。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-06-29 16:02:46

勝手に自伝-その3?-

テーマ:歴史

自伝の続き書くの忘れてました(笑)

で、某出版社に入って地獄の日々が始まった。

編集歴が1年しかない僕らは、途方に暮れて
アスキー時代の先輩を九州から呼び寄せて
1ヶ月鍛えてもらうことにした。

そして、徹夜徹夜の連続の後、

無事、我々3人が創る第一号が完成した。

そこからは、もう3人で、必死に創った。
当時秋葉原は、食事できるとこもなく、
出前のピザと富士そばだけで、

朝になったら、富士そば行って、そば食べて

あとは、出前のピザ。
おかげで、未だに出前のピザ恐怖症(笑)。

見るに見かねた、当時看護婦をしていた
我が妻が、エスティマでやってきて
弁当創ってきてくれて
(しかも夜勤明けに寝ずに来てくれた)
弁当食べて、
いつも床で寝てるから
エスティマをフルフラットにして寝てみたり(苦笑)

その時に、日本で初めてのインターネットの連載を始めた。

そして、部数も伸びてきて、
いい機会だから、リニューアル! ってことになって
日本初の、パソコン購入購買専門誌「月刊PCセンサー」を発売した。

そして、これまた誰もやってなかった
正当に製品を評価するというカケに出た。
レーダーチャート付けて、製品に点数付けて
ホントはどうなのか?
と。

まー大騒ぎでした(笑)

メーカーの接待も僕は全部断るし。絶対行かないし。

ただ、ひたすら評価を真剣にする。

売れました。この本。
その代わり、各メーカーの広報にチェックされました(笑)
僕の書いた原稿は、ファクスで回っていました

当時仲良かった、アップルの部長さんが
「また回ってきたよー」
って教えてくれました(笑)

若かったからできた?

体力あったから、できた?

時期でした。

そして、部数が安定し、経営も安定したので
僕は、自分の会社へ戻っていくのでした・・・。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-06-29 01:39:31

成功者の共通点

テーマ:雑感

僕は、友人・知人、取材も含めて
いろんな業界や分野で成功している人と関わり合うが

かなりの確率で、共通してることがある。

「とにかく動く」

である。

言い方を変えれば

「バイタリティの固まり」

とりあえずやっちゃえ派もいれば
藤田くんみたいに、言っちゃって自分にプレッシャーかけて
動くタイプも含め

とにかく、すんげー動く。動き回る。速い。

僕も負けず劣らずそうなんだけど

プライベートにおいても
興味持ったら、スグ動く。
北の果てから、西の果てまで飛んでくるバイタリティのある
友人もあるし
もう、とにかく、行動あるのみって感じ。

実際、うだつのあがらない人は
動かない。
あーだこーだ理由付けたり、考えたり、
なんだーかんだー言って動かない。
動かなければ景色は変わらない。

経営なんて、誰がやったって、ハイリスクハイリターンだし
ローリスクハイリターンなんて無い。

でも、ローリスクハイリターンを狙って
あーだこーだ考えて、動かないヤツの方が圧倒的に多い。
で、文句だけは一人前。

明らかに違う。

さらに、「眼が違う」。

眼のチカラが半端じゃないし
光ってる。
オーラも出てるし。

眼見れば、相手が成功するか、失敗するか99%の確率で
僕は判断できる。

それくらい、いろんな人に仕事柄もあって会って、見てきた。

とにかく、思いついたら動いちゃう。

ドロップアウト組でも同じ。

とりあえず、旅出たいから行ってくるわ!

ってアフリカ行っちゃうヤツもいれば

僕もそうだったけど
墓参り行こうぜ! って東京から
サンダルとジャージのまま、車に飛び乗って
九州まで走って行っちゃうとか

雪見てーなーって
またまたサンダル、ジャージで
日本海まで雪見に行っちゃったり

ウニ食いてーなーって、いきなり飛行機乗って
北海道行っちゃったり

そんなこと、普通にやっちゃう奴らばかりなのだ。

それが仕事にも当然出るから
そりゃ、人より違うから、成功する。

結果なんて後から付いてくるから
考えてても進まないし
ある程度考えたら、動けばいんじゃないか? と。

考えるのなんて、動きながら考えられるだろうと。

そんな共通点は、ハッキリとありますね。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-06-28 04:56:31

エンジン(ドラマの)

テーマ:ぼやき?

エンジン最終回を見た。

なんか、レースの華やかな部分ばかりで・・・(苦笑)
ドラマ中のカテゴリは、FTと呼ばれる
フォーミュラトヨタと言うカテゴリで
トヨタ車のワンメイクフォーミュラです。

しかも、あんなに観客居ません(笑)
数えられます現実は。

なんというか、改革屋な僕は
レース業界は、生涯かけても変えたい分野です。

以前もちょっと書きましたが、
レース業界は明らかに狂ってます。

実力あるものが上に上がれる。
実力あるものがシートを獲得できる。

わけじゃないんですね。

金があるものが上に上がれる。
金があるものがシートを獲得できる。

世界なんです。
チームに金を払って乗せてもらう
ってのが現状ですから。

金持ちのボンボンじゃないと
やっていけない世界です。
実力あっても、金がなければ
よっぽどの幸運に恵まれない限り
走れません。

借金苦で終わってしまいます。

ちょっとぶつけただけで
100万200万飛びます。
ドライバー持ちですよ。修理代。
100万200万ポンって出せる若者が
普通の家庭に居ますか?

ボンボンなら、出せちゃうから、走れちゃうんです。
実力なくても、いいマシンにも乗れるし
金があるから、練習もできる。

おかしいんですよ。明らかに。
バイクでも同じです。
実力あっても、世界ヘはいけないし

一部ファクトリーとワークス以外は
お金払ってレース出てます。

でも、プロって呼ばれるんですよ。
観客は金払って見に来てますから。

根本的に、運営側が
人気をいかに出して、PRして、
スポンサーにも費用対効果を出して
金を集め、ライダー、ドライバーに金を払って
本当のプロとして走ってもらう

っていう、意志がないんです。

客が入らない。スポンサーがつかない。
金がない。
じゃあ、エントラントから取ればいいって
考えなんすね。
エントラントはレースに出るための出費がよけい増える。
モチベーションが下がる
エントラントが減る
レースがつまらなくなる
観客がもっと減る

この悪循環です。

ライブドアさんも、野球なんとかする前に
レースなんとかしてくださいよ。
野球はローカルスポーツです。
レースは、ワールドスポーツです。

アメリカでワールドって言ったら、それは合衆国内のことを指すんです。
世界を指してのワールドじゃないんですよ。

日本で世界的スポーツが低迷する。

文化レベルがわかりますよね・・・。

観客が入るのは、スーパーGT選手権かF1だけ。

他は閑古鳥が鳴いてます。

誰か一緒に変えようって人居ませんか?

今のシステムじゃ、日本人でF1でチャンピオンになれる逸材は
出てきません。
無理です。

金で走ってんですから。

金でシート買ってんですから。

ホントに実力があるドライバー、ライダーに
お金があれば
日本は、世界でトップレベルですね。
楽に勝てますよ。
まぁ、F1とかは、日本イジメがありますが(苦笑)。

それでも、勝てますよ。日本人。

サッカーよりレベル上です。全然。

バイクなんて、はるかサッカーの上です。
柔道と同じくらいです。バイクレースの日本人ライダーの実力は。

モータースポーツ、モーターサイクルスポーツが
低迷する日本の文化レベルの成熟度の低さに
なんか、哀しいモノを感じる今日この頃です。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-06-28 03:44:41

現場命

テーマ:ビジネス状況

さて、今日はかなり機嫌が悪い。

正直大激怒した。

現場の苦労を理解しない相手には
徹底的に抗戦する。
昔から変わらない。

現場の苦労を理解できない
見えてない
感じてない

上司や経営者は、殺したくなる。
それくらい、嫌いなのだ。

「事件は会議室で起こってるんじゃない! 現場で起こってるんだ!」

っていう、某映画の名台詞があるけれど
まさに、そんな感じ。

僕は現場スタッフには、鬼だ。
下手すりゃ死ぬくらいのオーダーを落とす。
その代わり、現場をバカにしたり
現場を軽く見る相手が出ようものなら
徹底的にヤル。
とことん闘う。
命を預かってるんだから
こっちも守るときは命を賭ける。

現場は、必死なんだよ。どの業界も。

その最前線の現場があるから
後方部隊は、ゆっくりしてられるんだよ。安全に。

前線の兵士がいるから
補給線も基地も守られる訳だ。

その前線を軽く見る、捨て駒みたいにする司令官が居たら
躊躇なく、戦場だったら、僕は、拳銃を頭に突きつけて弾くだろう。

経営者の皆さんも
絶対に現場が見えなくならないようにしてくださいね。

それには、一番いい方法は
全現場を経験することです。

僕は、考えられる現場はほぼ経験してきました。

苦労も肌で知ってます。

雑誌だって、ライターが原稿を1日遅らせたら
編集者が、どれだけのツケをくらって
最後に待ちかまえる、制作(デザイナー)が
どれだけの死ぬ思いをするかも知っている。

メカニックがヘマしたら
下手すりゃライダーが死ぬことも知っている。

営業がいるから、会社のモノが売れることも知っている。

人事がいるから、
総務がいるから、
販売推進がいるから、
広報がいるから、
社長室があるから、
・・・etc

すべてうまく機能してるのだ。

無駄なモノはひとつもない。
存在理由、意義があるから、存在するのだ。

話は戻るが、まぁ、そんなことが今日あって
相手の対応によっては、
こちらから、絶縁することもあり得る。

経営者は、詰め腹切っても、現場守る時もあるんです。

現場が居なければ、成り立ちません。

現場を守ってやれるのは、僕らだけなんですから。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-06-27 05:31:22

続 ドロップアウトのえらいひと

テーマ:出版

って本が出た。

まだ西麻布軟禁時代に、森永さんと出会った(著者)
すんげー人だった。マジで。
なんじゃこの人? ってパワーだった。

そのとき、逢ってスグに、
ドロップアウトのえらいひと
をサイン入りで送ってくれた。
読んでぶっ飛んだ。
すげー焦った。

それからの失踪生活で、縁は切れてしまったけど

本屋で見つけて、速攻買った。

基本、僕も「ドロップアウター」なんすよ。

じゃなきゃ、

ビジネスアーティスト

なんて名乗らないし、
ホントはこんな丁寧は言葉使いしない(笑)
即キレるし(仲間以外には優しいですよ(笑))

タトゥなんて入ってるし(かわいいタトゥですよ(笑))

スーツなんて死んでも着ないし。
純ちゃん相手でも着ないね(笑)

で、続を読んでみて思った。

「なにやってんだろ。。。俺。。。」

「なに小さくまとまってんだろ。。。」

そう、

「小さくまとまるなよ」

が、合い言葉で生きてきた。
なんか、地方に来て、小さくまとまりかけてた。

やべーって思った。
今のままじゃ腐るって。

で、もう一回全部棄てる覚悟で
荒波に自分を出してしまおうってね。

どうなるかわかんねーけど

俺の中の俺が


「やれ!」


って言ってんだから、それでいいじゃんって(笑)
結果なんて、勝手についてくるし
金なんて、後からついてくるもの。

金追いかけたら、逃げるのは鉄則。定説(笑)

勝手にやってりゃ、金は後からついてくる。

が人生の訓。

金は使っても、使われるな

も人生の訓。

なんか、小さくまとまりかけてた自分自身に
気づき始めてて
公務員さんなんかと付き合っちゃったから
よけい、やべーって思ってて
多分自分の中で、

「おまえらしくねーじゃん!」

って怒鳴られてて

それに気づいた時に
出会いがあって

話が進んで

さらに、森永さんのドロップアウトのえらいひと続

に出会って読んで

こりゃ、やるっきゃねーだろうと。

はっきり言って、ビジネスビジネスしてるの大嫌いなんだよね。
スーツ着てたり
セレブとか(笑)
横文字バリバリとか(笑)
おまえら、セックスまで横文字だろ? みたいな(笑)

シナジー? 相乗効果でいいじゃねーか。
WIN-WIN? みんなでハッピーでいいじゃねーか。
アントレプレナー? 好きなことやっちゃう人でいいじゃねーか。
ビジョナリカンパニー?
IPO?
インキュベート?

なんだよそれ・・・(笑)
もっと簡単に言えばいいじゃん。日本語しゃべれるんだべ?

てな具合で、実はこんな人なんで
まぁ、プロなんで、相手に合わせて化けることはできるんですが
(文章のみですけど(笑))

基本、こんな人なんで

なんていうか、

らしくねーから、らしく戻ろうって感じで

自分の中の自分が、「やれおらぁ!」って言ってるから
やっちゃえみたいな。

リスクマネージメント?
要りません。

事業計画?
俺の生き様です。

アーティストって、売れることもあれば、売れないこともあるでしょ?
ミリオン行ったり、いかなかったり。
それと同じなんすよ。ビジネスアーティストも。
常勝無敗狙いますけど
それは、究極の目標であって
失敗してナンボっしょ?

失敗から学ぶことはたくさんあっても
成功から学ぶことなんてないっての(笑)

まぁ、失敗だらけの人生ですが

楽しいっすよ。

自分に嘘ついて生きてないから。

身勝手?

そうかもしれない(笑)

でもね、自分に嘘付く人は、他人にも嘘付くよ。絶対。

自分にゃ嘘はつけません。
だって、自分って鏡は一生目の前にあるからね。

だから、起業目指してる人も
起業しちゃってる人も

もっと自分信じて
ガンガン行けばいんじゃないかな?

って思います。はい。

注:別にハイソでセレブなベンチャー社長様の生き方を否定している
  訳ではありません。僕には無理ってだけです。
  だって、らしくないから(笑)。
  興味はありますよ。彼らの「人間としての部分に」。

  ドロップアウトしてないえらいひと

  って本を森永さんがOKくれたら、書いて出したいくらいです。
  どこの出版社も駄目なら、勝手に自分で出版社創って出すけど(笑)。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-06-27 03:13:13

ブログ友の会!?

テーマ:雑感

なんか、最近
こんな稚拙なブログでも
いろんな方からコメントもらったり
メールをいただいたりするようになって
思うんですが


せっかくの出会いなんで
ブログ上の起業家のオフラインでの会みたいなの
創っても面白いんじゃないかな?

って思います。

異業種交流会とか
セミナーとか
いろいろありますけど

なにか、つながると大きく化ける案件が
たくさんあると思うんですよね。

全員が幸せってコンセプトで
WIN-WIN-WINな関係で
組むっていうのも面白いと思います。

僕は何度も言っているように
ネットは、出会いの場、
コミュニケーションツールだと
思ってますので

さらに、いろんな会をすぐに立ち上げちゃうのが好きなんで(笑)

今も、

長崎スバルオーナーズクラブを創って代表してたり
(長崎スバルの公認まで取っちゃったクラブです)

スバルミーティング実行委員会っていうのも創って
長崎でスバル公認のミーティングイベントを毎年開催したり

二輪レースの悲惨さを知った時に
JMCA(JapanMotorcycleSportsAssciation)っていうのも立ち上げましたし

なんかやりませんかー?


とか言ってみる(笑)

必要なら、XOOPSかなんか使って
コミュニティサイトクローズドで創ってもいいですし

いろんな起業家の方が、
このブログにはいるんで
それも面白いかな? と。

というか、もう既にやられてる方いるんですかね?

こんなことを考えてるのは、僕だけでしょうか?

一人で考えるより、独りきりより
いろんな方とコミュニケートすることで
突破口が産まれたり
新たな何かが産まれたり
すると思うんですよね。

甘いかな(笑)

面白そうじゃん!

とか思われた方は、
コメントなんか残していただけると嬉しいです。
コメント無ければ、没にします(笑)

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-06-27 02:52:28

携帯の使い方

テーマ:IT・コンピュータ

皆さんは、どういう携帯の使い方してます?

僕は、仕事用が3台と
プライベート用が1台です。

え? 4台も?

って思うでしょうが、
仕事柄最新機種が常に必要だというのもあるんですが

意外や意外、まずは、通話料が安いんです!

仕事用の3台は、ご想像の通り
・ドコモ
・au
・ボーダフォン
の3キャリアです。
相手のキャリアに合わせて、教えてます。
そして、良くかける相手は、ゆうゆうコール等
番号指定割引を使います。
これで、携帯電話代は、半分くらいまで落ちました。

1台ですべてをまかなって時に比べて、かなり安くなりましたよ。

さらに、メールも、同キャリアなら
電話番号で送信できるんで、楽です。

さらに、いいことは、
仕事時間が終わったら
電源切るか、サイレントモードにしちゃいます。

プライベート以外の電話がこなくなるんです。
これは、とてもいいです。

まあ、寝てる時以外は、すべて電源入ってますけど
オフで出かけるときは、持って行きませんし。プライベート用以外(笑)

オフなんて、月に1日あるかないかですけど(苦笑)。

持ち歩きはどうなの?
ってのがあるんですが
1台は、小さなプレミニですし
あとは、スーツ絶対着ないんで
ジーンズやワークパンツのベルトに
左右の携帯用ポーチをカラビナで釣って
そこに2台と1台左右に分けて入れて
プレミニはポケットでOKです。

意外に邪魔じゃないんです。

AD時代は、もっと腰から下げてましたから(笑)
ガムテに殴り(とんかち)、ビニテだーなんだーかんだー
いっぱいぶら下げてましたから。それに比べれば楽です。

オフタイムになったら、プライベート用しか
持って歩きませんし。

また携帯用の番号も実は、半年に1回は全部変えてます。
なにかと知れ渡ると、イタズラ電話や、迷惑な電話が増えるので
定期的に番号を変えて
そのときに、整理をかけてます。電話帳の(苦笑)。
疎遠になったビジネスの付き合いの方は、
そのときに、削除していきます。
そうしないと、電話帳が溢れます・・・。

留守電機能も入れません。
気づかないからです。長く鳴らないと。
急用ならメールで来ますし。

理由があって、こうした携帯の使い方をしてますが
皆さんは、どういう使い方なんでしょうか?

とにかく電話でのやりとりがまだまだ多いので
下手すると、電話で起こされてから
最後の電話を切り終わったら、夜だった・・・
ってことも多いので
こうした方法を取ってます。

できれば、1台で複数の番号を持てるっていう
そういう逆転の発想の携帯があると
絶対買うんですけどね。

ちなみに、メールアドレスも、携帯、PC含めて
これも定期的に変更して
皆さんに知らせています。

出る杭をやっていると
いろいろと、読んで気分が悪くなるメールも来るんですよ。
いろんな方がいらっしゃいますから(苦笑)

あまりにもひどい時は、
顧問弁護士にメールをヘッダごと転送して
プロバイダーに警告出したり
法的手段に訴える時もありますが
そのくらい、僕みたいな特異な活動をしていると
やっかみや、嫌がらせ、出る杭はぶったたこうという人が
出てくるんです。

多分、有名な経営者の方は、もっとあると思いますが(苦笑)。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-06-26 05:44:23

アーティスト脳とビジネス脳

テーマ:雑感

ってなんだ?
って思うでしょう。

僕らクリエーター稼業でも、
いろんなヤツが居まして、
基本的に向いてない人間は、

ビジネス脳の持ち主です。

ってなに?

はい。それは

たとえば、ライターが居ます。
原稿を書きに入った時に
パソコンに向いて、キーボード打ちながら
原稿を考えるタイプのことです。
これは、ライターに向いてませんし
時間的効率が非常に悪く、
締め切りを超す人ばっかです。

一方、アーティスト脳の人は
普段の生活において、原稿の中身を考えていて
トイレの中や、食事中や、電車の中や
いろんなあいてる時間で考えていて
要は四六時中考えていて
考えがまとまった瞬間に
マシンに向かって、一気にそれを打ち続けます。
速いですし、時間的効率は最高です。

僕は、後者です。

よってクリエイティブにおいては
かなりの能力を発揮しますが
ビジネスにおいては、駄目です。

まず考えて、動く。

考えながら、動く。

前者は、クリエイティブ、アーティスト向きで
後者は、ビジネス向きです。

よって、僕は経営者には向いてません。
できれば、社長が居て、僕はオーナー兼現場の長となって
経営を社長に任せて(完全雇われ社長だとモチベーションが低下するので
          そこは秘策を持ってます)
僕は、ひたすら現場仕事を楽しむ。
生涯イチ現場。
本田宗一郎さんみたいになりたいっすね。

さて、皆さんは、どっちでしょう?

簡単なのは、
このブログ。

ブログを書くのに、
書きながら考えて打ってるか?

考えてから、ただ打ってるか?

それで、わかります。

前者なら、経営者として成功するでしょう。
後者なら、現場やりましょう(笑)

僕は自分の適正をわかっているので
社長という立場は絶対にやりません。
顧問とか、現場の長でいいです。
社長と対等か、社長より上の立場にはしますが(笑)
そうじゃないと、つまんないんですね。

キャッシュフロー見たり
売り上げ管理したり
PL創ったり、BS創ったり
そういう業務フローは、嫌いなんです。
居なければやりますし、できますけど
嫌いなんです。

そういう作業は、社長に任せて
営業や人と会うことや、人脈創りや
創作活動、現場作業を僕はやってたいんですね。

だから、ビジネスアーティストって名乗ってる訳です。

あなたは、

考えてから打ってますか?

考えながら打ってますか?

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。