ポニーキャニオン
タイガー & ドラゴン DVD-BOX

本日発売です~~!!

待ってたよ~ん。

アマゾンで買ったら22%OFFなので、¥21,945が¥17,117らしい。

5000円くらい安いゾ!かなりお得感あり。


しかし、このDVDを見たら、また「続編はーっ、(こいこい)」となるわけで。

その辺の事情、どなたかご存知ですかッ!?

プチっとよろしく!blog_king ninki ganso

AD
バンダイビジュアル
攻殻機動隊S.A.C. 公安9課ファイル

こんなのが10/28に発売になります。DVDと豪華本がセットになっているそうです。

【DVD収録予定】(90分予定)
1)とり・みきの映画吹替王/番外編(40分予定)
同名の著作もある吹替愛好家、漫画家のとり・みきが『S.A.C.』声優インタビューに挑む!
・出演予定:田中敦子(草薙素子役)、阪 脩(荒巻大輔役)、大塚明夫(バトー役)、山寺宏一(トグサ役)、玉川紗己子(タチコマ役)/とり・みき(漫画家)
2)タチコマのつくりかた(20分予定)
3DCGキャラのタチコマがどのように作られたかを、タチコマ自身が解説するデジタルメイキング!
・出演予定:寺岡賢司(メカニカルデザイン)、遠藤 誠(3D監督)、井野元英二(3Dアニメーター)
3)オープニングコレクション(30分予定)
スカパー!で放映した暫定版から通常版、地上波版の全オープニングをメイキングつきで収録!
・出演予定:神山健治(監督)、由水 桂(1stオープニング演出)、西尾鉄也(2ndオープニング演出)ほか

【BOOK収録予定】160p/編集:プロダクションI.G
1)キャラクター紹介/名場面集、声優コメント、スタッフインタビュー、設定資料集など
第1章 草薙素子/第2章 荒巻大輔/第3章 バトー/第4章 トグサ/第5章 イシカワ&サイトー
第6章 パズ&ボーマ/第7章 タチコマ ほか/第8章 公安9課事件&人物ファイル
2)スペシャル対談/押井 守(監督)×神山健治(監督)
『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』『イノセンス』の押井守監督と、TVシリーズを終えた神山健治監督が、振り返って「攻殻機動隊の世界」を語り合う!
3)その他
西尾鉄也(『2nd GIG』キャラクターデザイン&作画監督)の描き下ろしコミックなどを掲載!

プチっとよろしく!blog_king ninki ganso

AD
タイトル: 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man

待ってたよ~!!シーズン1に出てきた「笑い男事件」に焦点を当て、新作映像、新規アフレコを追加しつつ凝縮した総集編だそうな。


思えば「笑い男」は最高だった。blog_king  ninki shukan ganso

AD

『タイガー&ドラゴン』のDVD-BOXが発売決定だよ!何度も言うけど、いやすぐ予約しやしょう!初回版のみ、ストラップが付いてやがるよん。(詳細は画像をクリックしてね)


ドラマを見てぇ気持ちはすっごくあるけど、最終回に近づくにつれ、寂しくて、やるせなくて、裏腹に見るのをしぶってしまうってんだ。裏腹にね、ウラハラにね、裏原じゃねぇけど、ウラハラにね…。って、この洒落を使いたくて、ちっちぇえ嘘を付きやした。ただ単に、ここんとこ富に忙しくて、ビデオ録画したまんま、ずっと観れねぇでいただけです、ハイ。


「品川心中」は、えれぇ大好きな噺のしとつだぜ。クドカンも、どん平の台詞を通して言っていた様に、「この噺がやりたかったのー」つうのも納得のストーリーだぜ。昭和32年、この噺と「居残り佐平次」やなんかをもとに、「幕末太平伝」つう映画が作られたほど有名な噺だぜ。ナンバーワンの座から転落した遊女が、金もねぇし、いっそのことケツの話題づくりに、客の男を道連れに心中を計ろうとするぜ。けどよ、土壇場でなじみの旦那が金をくれる。遊女は既に深い夜のに突き落とした客の男をそっちのけで、逃げちまうつうもの。から這い上がった男は親分のトコに怒りをぶちまけに行く。。。ドラマでも言っていたように、一般的な寄席ではこの辺でおしまい。後半部分は、この海に突き落とされた男が親分と一緒になって、遊女に復讐をするつうもの。そのオチは…


(客の男の死体があがったからよ通夜に来るよう、遊女を騙す。まんまとしっかかった遊女。親分に、男を成仏させるには髪を切れと言われ、仕方なく髪を切る遊女。そこへ、隠れていた男が登場)

「仕返しだい」
「ちくしょう、髪を切らして、明日からショーバイができねぇじゃねぇか」
「へん。あんまり客を釣るから比丘にされたんだ」


ケツの「釣る~比丘」がオチで、魚の魚篭(ビク)と尼の比丘を掛けていやす。なる~。

でも、魚の魚篭って知らねぇし、若者の中には比丘を知らねぇ人も多いのでは?と考えると、オチのネタが古すぎて、知っていねぇと笑えねぇ。知っていても実感湧かねぇかも知れねぇ。


まあ、今回の噺はあんましドラマのストーリーには関係ねぇから、ドラマのメインストーリーの部分に戻りやす。人情噺にめっぽう弱いおいらは、どん兵衛の名前を小虎にあげるつもりだと言ったシーンで、組長が端数の10万円は俺が小虎に落語を教えてやると言ったシーンで、小虎が警察に捕まって笑うシーンで、泣いちゃやがった …。そいで、次回予告でみた3年後の小虎の姿、大きくなりやがった 2代目と龍生会の姿で、涙が止まらなくなったぜ。ま、仕事の疲れでここんとこ涙腺も弱いんけどね。でも、あまり目をこすりすぎるとすぐまた腫れてお岩さんみてぇになっちゃうのでぐっと我慢するわけけど、おめぇ。


ドラゴン、ドラゴン、チャン・ドンゴン!blog_king  ninki shukan ganso

tiger 第9回のストーリーはこっち 。古典落語、「粗忽長屋」のストーリーはこっち平たく言えば、粗忽な人が「こんなことあるわけねーだろ」的なことをやっちゃう話。そんなわけで、虎児同様、あまりにも粗忽すぎて理解できなかったりするのも分かる気がするすっとこどっこいな話だったぜ。


まあ、その噺自体は今回はそんなに問題じゃねぇ。今回の問題は、もはや、このドラマの終わりが見えてきたつうこと!だって、あと3回でしょ?全体的にまとめに入ってやがる感がして寂しいぜ。でも、しかたねぇんだよね…ぐっすん。


けどよ、北村一輝。顔が恐いんだけどよ。貫禄あってヤクザ役がハマってて演技派だなあと思ったんけど、でも、ほりが深くて恐いっす。眉毛が太くて恐いっす。顔が端正すぎて恐いっす。


はやく続きが見タイガー!blog_king ninki shukan ganso


tiger

今回の見せ場は笑福亭鶴瓶の高座に違いねぇ。出番は少なかったけど、やっぱりうまい!と唸ってちまった。テレビのヴァラエティでみせる顔とはまた違うってんだ。役柄のせいもあるだろうけど、落ち着いた感じで貫禄があるぜ。公式サイト によると、着物とメガネと膝隠しもご自前で、「俺、適当に喋るから好きなところを使って」とおっしゃり、こちらもノーカットでカメラ3台をパラで回して、収録したのです。(by 磯Pのここだけの噺)とのこと。さ・・・さすが、本物の落語家!余裕のある台詞っ。かっこよすぎるぜ。惚れたーー!!のシーン。虎児の台詞がオチを際立たせやした。やっぱり生の鶴瓶の寄席を見てぇなあ。

今回の噺は「出来心」。泥棒ものだぜ。オチがふたつもあるとはねえ、落語は奥が深いねえ。師匠が言った様に、俺も「裏は花色木綿」となるオチの方が好きだぜ。そいで、ドラマの中では、巡査の金子と銀次郎が盗んだエロDVDがオチに使われていたあの、車中のシーン。虎児の台詞がオチを際立たせやした。


今回も、お見事。脱帽。ずぅぇえええぇぇええんぶが秀逸。以上!!

笑福亭鶴瓶公式ページ


押してくれ!!blog_king  ninki shukan ganso

tiger 毎回書いてやがるかもしれねぇけど、いままでで一番面白かった!つうか、どんどんドラマがパワーアップしてやがるのかもしれねぇ。クドカン、長瀬、岡田君、西田敏行、ずぅぇえええぇぇええんぶの人々がこの世の中に存在する意義はここにあり!と言い切ってしまうくれぇすげぇ回だった。ドラマを観ながら、3回(以上かも)拍手をしちまった。そりゃぁ~、二重構造になっていたケツのオチがピーク!!すげー、回だった。ビデオにとったからよ、明日もまた観ようっと。


今回は岡田君中心の話。好きだったシーンがいっぺぇあるんけど、一番好きだったのは、林家亭一門でご飯を喰いてやがるトコじゃねぇか。あと、荒川良々と高田文夫のコンビネーション、竜二が開き直って演目をやったシーン、どん吉と竜二が一発芸を練習してやがるトコも、さおりちゃんと小虎がおでんを喰いてやがるトコに師匠がやってきて「猫どろぼー」と言いながらさおりちゃんを連れて行ったトコとか…。あー、もう、書ききれねぇよ!あと、個人的に漫画喫茶に入り浸りの日々を送ってやがるので、その辺のシーンも感慨深いものが。…結局、捨てシーンねぇじゃん!ってな程、完璧な回だった。何度も言うけれども。

【猫の皿とは…】

高価な骨とう品を捜し求めて旅にでてやがる一人の男。その男が立ち寄った茶屋で、高価な皿でご飯を喰いてやがる猫と出会うってんだ。この皿の価値を店主はわかってねぇな、と悟ったその男は、猫を買いてぇと店主にぬかし立てるぜ。店主はしぶしぶ承諾。ついでに、猫にとって慣れた皿がいいから、つう理由で高価な皿も頂戴しようともくろんだ男。

店主「いや、お客さん、こいつぁ差し上げる訳にはいきねぇよで。
ご存じねぇかもしれねぇよが、この皿は梅鉢の茶碗といいまして、300両は下らねぇつう代物なんです」


男「そ、そうなのか?(ちっ、知ってやがる)おやじ、なんだってそんな大層な皿で猫に餌なんかやってるんだい?」


店主「その皿で餌をやっておりやすとな、時々猫が3両で売れやすんで。」

というのがオチ。

ドラマで猫の役をやっていたのは阿部サダヲ。猫役ばっちりだぁね。そんな彼のインタビューがちょっぴりだけど公式サイトにアップ !チェケラ!


★レビュー:タイガー&ドラゴン #06 明烏の回

★レビュー:タイガー&ドラゴン #05 厩火事の回

★レビュー:タイガー&ドラゴン #04 権助提灯の回
★レビュー:タイガー&ドラゴン #03 茶の湯の回

★レビュー:タイガー&ドラゴン #02 饅頭怖いの回

★レビュー:タイガー&ドラゴン #01 芝浜の回
★レビュー:タイガー&ドラゴン 三枚記請の回


次回「出来心」だぜ。ニート?の銀次郎(塚本高史)がメイン!(blogランキング)

oda

完全無料ブロードバンド放送という謳い文句のもと、いろんなところでCMしているGYAO に入会してみる。今だったら、「冬ソナ」「交響詩篇エウレカセブン」「オールアバウトマイマザー」などを無料で見ることができます。


そのGYAOでとりあえず、「まんが日本絵巻」のひとつ、「弥次さん喜多さんズッコケ道中」を見ることに。(5/27(金)正午まで無料配信中)しりあがり寿のホモの「弥次さん喜多さん」は知っているけど、元ねたの「弥次さん喜多さん」は知らないもんでね。脚本は「おれがあいつであいつがおれで」の山中恒。


こういうアニメって子供のころにたくさん見たわー、と懐かしくなりました。画質といい、絵といい。内容といえば、道中、 「喜多さん!(歩きすぎて)まめができちまった」「まめなんか食っちまえばいいじゃないか」なんてギャグがさらりと出てきてなかなか楽しい旅なのだが、15分くらいのアニメなのでちょっと物足りない気もします。大人になっちゃったのね、わたし。しかも、最後はなぜか現代の世界にワープしてしまう。東海道を走る大道路の真ん中で新幹線を指差して、「なんでい、あの芋虫の化け物はッ」と一言。ふーむ。改めて、「大人になっちゃったのね、わたし」…。


「まんが日本絵巻」からは、「弥次さん喜多さんズッコケ道中」のほかに、「戦国の快男児 織田信長」も放送中。写真は織田信長です。

tiger 平たく言うってぇと、生真面目な男が一旦恋をすると、どっぷりはまっちゃって…つうのが「明烏」の主たる話。ドラマの中では、「生真面目な男」とはどん吉(春風亭昇太)で、「マザコンにして女性不信」つう設定になっていやす。こいつが惚れてしまう相手が借金まみれの女(薬師丸しろ子)。なかなか絶妙にして、ありうる組み合わせ。まじめな人に限って…とよく耳にする話でしょ。意外と、吉原やなんかで場数を踏んでいる野郎の方が、女を見る目があったりするんだっからよ、何でも経験はしておいて損になることはねぇのかもしれねぇよな。

で、ドラマだけど、おめぇ、ドラマの主幹を成すストーリーにかなり進展もあったからよぅ、今回もえれぇ楽しめた。どん吉と竜二の兄弟が合コンを通していともあっさり完全に団結・和解をし(男兄弟って案外意外とこんなに単純なものなのかも)、竜二とめぐみが付き合い始めた。温泉浴場で、告白するシーンなんて、ん~、たまりねぇよ。「付き合いたいっていうかぁ~」「考えさせて…(間髪を入れずに)つきあう」とか、絶妙な間!この間がね、このシーンこそが落語っす!温泉と言えば、本日この時までずっと浅草が舞台だったこともあり、熱海ロケもあった今回は妙に新鮮だったぜ。


最後に一言。しっかし、相変らず、荒川良々の怪演が光る!バーで女を口説いてやがるんだか俺に酔ってやがるんだか意味不明なあのシーンは脳裏にこびりついて離れゃしねぇよ。

【今日のトリビア】
「OH!喜利喜利ボーイズ」が登場しちまったね。大喜利とは、テレビ番組「笑点」のケツを飾るもので、司会が問題(お題)を出し、解答者がトンチをきかせて答えるもの。気づいていると思うけども「ギリギリガールズ」にかけてやがるぜ。彼女たちは何処へ~!?


★レビュー:タイガー&ドラゴン #05 厩火事の回

★レビュー:タイガー&ドラゴン #04 権助提灯の回
★レビュー:タイガー&ドラゴン #03 茶の湯の回

★レビュー:タイガー&ドラゴン #02 饅頭怖いの回

★レビュー:タイガー&ドラゴン #01 芝浜の回
★レビュー:タイガー&ドラゴン 三枚記請の回


次回「猫の皿」だぜ。小日向文世が登場!(blogランキング)