アミューズソフトエンタテインメント
悲しき恋歌 DVD-BOX 1
この韓国ドラマもなんと次回で最終回とのこと。
しかも、その後のこのテレビ放送枠では韓国ドラマを放送することはないというし、
なんだか寂しいです。
さて、今回は、ゴンウが働くKNT通信を中心にストーリーが進んでいきました。
秘密資金の造成の疑いで検察は入るわ、
ゴンウの父であり、会社の会長は倒れるわ、
ゴンウがかわいそう…。
しかし、サンジンは本当にひどいやつだわ。
ここまでくるとどうしてサンジンはあんな大人になってしまったのか、
過去にいったい何があったのか、
どんな家庭環境で育ったのか、
気になるところです。
まあ、描かれることはなく、来週でこのドラマは終わってしまうわけなのですが。
私の想像するラストですが、
ジュンヨン、ゴンウ、ヘインは仲良くなりますが、
ジュンヨンが殺されてしまい、
結局ゴンウとヘインが結ばれる…。
これは予告編を見て思いました。
タイトルもタイトルだしね・・・
でも、理想は、
ジュンヨンとヘインが結婚して、めでたしめでたし。
あまりにもいままでいろいろあったので、
もう不幸はお腹いっぱい。
さて、来週の最終回、どうなることやら。。。

プチっとよろしく!blog_king ninki ganso

AD
アミューズソフトエンタテインメント
悲しき恋歌 DVD-BOX 1

ジュンヨンとヘインがラブラブの回でした。

もうドラマを見ている間中ずっと顔がにやけてました、ハイ。

このままでいってほしい…が!

ジュンヨンの鼻血。

キターーーーー!!!また病気ですかい!

相変わらず韓国ドラマ、次から次へと不幸が訪れますな。。。


でも、今回は全体的に落ち着いた感じで、幸せな時間で、よかったぁ。

ラストのシーン、ヘインがゴンウに

「ジュンヨンを愛しています。ジュンヨンを愛しています」

って言ったとき。ようやくヘインが言ってくれた!よくぞ言ってくれた!

そんな感動が私の心を満たしてくれました。

ああ、最高!!!!

プチっとよろしく!blog_king ninki ganso

AD
悲しき恋歌 DVD-BOX 1

発売が決定いたしました~!

BOXは本編ディスク5枚(1枚に各2話収録)に加え、特典ディスク1枚を加え特製ボックスに収納!さらに、地上波オンエアーでは見られなかったロングバージョンを字幕・吹替ともに完全収録!特典映像はメイキング、監督、キャストインタビュー(予定)。


<特典ディスク内容は以下のとおり>
○ドラマメイキング
 ドラマ前半(1~10話)の撮影風景、NGシーン
○監督・キャスト来日時映像
 キム・ヒソン/ヨン・ジョンフン
○監督が選んだ名場面集(音声解説付)
○名場面でつづるミュージックビデオ
 主題歌「恋をするのなら」のメロディーに乗せ、ドラマの名場面をつないだ、DVD-BOXでしか見られないミュージックビデオ


充実の特典内容ですな。んんん~~、たまらない!!


プチっとよろしく!blog_king ninki shukan ganso

AD
「パリの恋人」に出ている人のうち、イ・ドンゴンしか知らない。彼も、そのほかのキャストも特にかっこいい、かわいいとも思わない。けれども、このドラマはハマる!!面白い!!

ストーリーは、完全に左の写真の真ん中の女性のシンデレラストーリー。両側の金持ちの男とかっこいい男が真ん中の女性を好きになっちゃう。


この女性がきれいな洋服を着たり、ドレスを着たりして、女性に取ったらたまらない~のですが、それ以上に彼女がなかなかいいキャラクターで、前向きで、元気いっぱいで、口癖は「ファイトぉ!!」な人なんです。ほかの韓国ドラマ同様、いじわるな娘が出てきて彼女をいじめるけど、彼女はがんがん言い返すのです。これが気持ちいい!


あと、右側の眼鏡かけた、一見いけていない男性も、仕事のときの顔と恋をしているときの顔が違うのがもう、だんだんと魅力的に思えてきて。顔はかっこよくはないけど、彼の性格はとても素敵…。


ただ、ラストがちょっと残念。20話で終わっているので、やっぱり最後はばたばたになってしまいました。それに、終わり方もちと気に食わない…。前半はとてもテンポがよく、後半はちょっとダークな香りがして、ラストは「あっちゃー、そうきたか」みたいな。でも、見る価値はありますね!


《グッズ》


「パリの恋人」携帯ストラップ ギジュバージョン 韓国製 パリの恋人スヒョクの“私の心” 携帯ストラップ パリの恋人・豚の貯金箱(中)限定予約販売


《ポスター》

パリの恋人、ポスター 【パリの恋人(2)・ポスター】

プチっとよろしく!blog_king ninki shukan ganso

今日、「#15 明かされた真実」を見る前に、フジロック期間中だったので見れていなかった先週の回「#14 忍びよる罠」も見る。

どっちの回も、ファジョンの性格の悪さが前面に押し出された回だった。


確かに、あの女はひどいのよ。そりゃあ、ヘインもファジョンを平手で2回叩き、「私はあなたを殺したい。毎日殺したい」という暴言を吐き捨てるわよ。、そりゃ、ジュンヨンも、ファジョンを拳骨で脅し、「私に曲を作ってよ~」とせがむ彼女に対して「お前に曲を書くことは絶対にない!!!」と言うわよ…。


しかし、この、踏んだりけったりのファジョンは腹いせに、またもや恐ろしいことを考え付いちゃうのです。それは、ヘインがオーディションに来られないように、足止めを食らわすということなんだけど、度が過ぎちゃって、その結果、ジュンヨンが腎臓破裂の大怪我を負うことに・・・。まあ、ファジョンはそれをすべてへインのせいにしてしまうのですが。


ああ、恐ろしや。


さらに、「#15 明かされた真実」では、ファジョンの策略によって、ゴンウが、ジュンヨン=ジュンギョと気づいてしまうのです。予告を見るに、来週は波乱になりそう。


しかし、ファジョンの性格の悪さもさることながら、ヘインのやさしさゆえの(?)優柔不断さも相変わらず目に付く。ゴンウにしようと#13では決めたのに、#15では、もうジュンヨンにしようと決め、ゴンウにさよならを告げる。しかし、その後、ジュンヨンが手術することになったのは自分のせいだと思い、「ジュンヨンはただ、生きているだけでいい。ゴンウを苦しめません。だからお願い、神様。ジュンヨンを助けて」ときたもんだ…。


あー、チャーリーの言うように、さっさと駆け落ちでもしてしまえよ!!


という気になったりする~!


プチっとよろしく!blog_king ninki shukan ganso

kana ちょうどこのドラマが半分が終わり、後半戦に突入したということで、いままでのあらすじを振り返ってみようと思う。


舞台は、韓国のアメリカ村。そこで働くスナックのママの息子・ジュンヨン(グォン・サンウ)と、そのスナックで働く従業員の姪である盲目の女の子・ヘイン(キム・ヒソン)のほのかな初恋物語でドラマは始まる。


しかし、ジュンヨンのことを好きな近所の女の子の陰湿な邪魔やいじめ、それぞれの親同士の確執、転校などさまざまな困難が二人を襲う。


結果、ヘインはアメリカへ、ジュンヨンは韓国、と離れ離れになることに。ここで、ヘインはアメリカで超金持ちの坊ちゃん・ゴンウ(ヨン・ジョンフン)と出会い、強烈にアタックされる。そのころ、またもやヘインは悪質な陰謀に巻き込まれ、ジュンヨンが死んだと知らされる。真っ赤な嘘なんだけどね。それを信じたヘインは失望し、自殺を図る。それを助けてくれたのが、ゴンウ。さらに、彼は、ヘインの目を(こっそり)直してやる。


目が治ったヘインはゴンウの婚約者になり、韓国に戻って、シンガーとしての第一歩を歩む。実はジュンヨンとゴンウは高校時代以来の大親友。二人は韓国で再会を果たすが、そのとき、ゴンウが婚約者・ヘインをジュンヨンに紹介し、ジュンヨンはショックで、酒を飲んで暴れるなど、自暴自棄に走る。もともとギターが得意だったジュンヨンは、ジュンギュという名前で作曲家になっていた。そのジュンギュに、ヘインのデビューCDを作ってほしいと頼むゴンウ。思わず、自分のことを気づいてくれないヘインに冷たく当たってしまうジュンヨンだった…。が、いよいよヘインがジュンヨン=ジュンギュと気づいたのが前回!


果たして、3人は、友情を取るか、それとも恋愛を取るか…?

という話です。


hein 恋愛面で、いままでの流れを図式化(?)すると、


ジュンヨン⇔ヘイン←ゴンウ


が、ジュンヨン死亡説により、


ジュンヨン→ヘイン⇔ゴンウ


となり、ジュンヨン生存確認後、


ジュンヨン⇔ヘイン←ゴンウ


と、一巡したわけです。


そして、後半戦第一話となる13話「涙の決心」では、前半ヘインは、


ジュンヨン⇔ヘイン←ゴンウ


だったのに、後半に、ヘインは、目の手術代を払ってくれたのはゴンウさんだと知り(おばが暴露した)、別れ話を持ち出した後のゴンウの優しさに触れたりして、


ジュンヨン→ヘイン⇔ゴンウ


とすることを決心したのでした。


ドラマの前半はジュンヨンとヘインのラブラブっぷりを堪能できて私の心もホクホクだったんだけど、最後の最後にあっさりとヘインがジュンヨンを捨ててしまって、おいおい、それはないだろう・・・と。あんなに二度とジュンヨンと離れない!ゴンウには一生かけて償うから交際はやめる!って言っておきながらサ~。別れてくるから、って言って、ジュンヨンをひとり雪の中待たせてサ~。そのまま帰ってこないなんてサ~。


なにはともあれ、今後は、どのようにしてゴンウがヘインの初恋の人がジュンヨンだと知るかというのが大きなポイントとなりそう。そこで、両方の男たちがどういう行動に出るか、楽しみです。。。


プチっとよろしく!blog_king ninki shukan ganso

koiuta テレビ放送を見ながらこの記事を書いています。今回もなかなか進展しないわ。でも、ヘインはかなりジュンギュのことが気になっていますねぇ~。ヘインは「ジュンギュさんのこと好きになったぁ~」と酔っ払いながら言う彼女。それを聞いたゴンウは大人らしくさらりと流す…。かっこいいですなあ。しかし、やっぱりかわいそう。このかわいそうな役柄はソン・スンホンにさせたくないわーと、久しぶりに彼のことを思い出してみる。ソン・スンホンの切ない顔って本当に見ていられないほどなんだもの。


それはさておき、公式サイト で素敵な写真を見つけました。これ、けんかしている二人なんだけど、はやくまたこんなに近づけるようになってほしいわぁ~どきどき、と思ったの。


…とか、書いているうちに、二人が秘密の小屋で出会い、ヘインがジュンギュ=ジュンヨンと気づいた!!いよいよ、きました、この時が!うー、思わず泣いてしまう。。。良かったー!もう、早く抱きしめちゃえ!と思っていたら、ぎゅ~っと抱き合うシーンが。涙、涙。


「韓タメ!」によるとクォン・サンウ主演「恋する神父 」「マルチュク青春通り 」が上映開始らしい。どちらも見たいです~!この三連休に行っちゃおうかしら??


プチっとよろしく!blog_king ninki shukan ganso

(写真は8月発売の「悲しき恋歌 ~序章~ 第2版 」。悲しき恋歌のドラマ制作前にその「序章」という形で収録された作品だそうな
愛知万博に行っていたので10話を見逃しました。公式ページを見るに、どうやら、ヘインとゴンウはすでに婚約するつもりでいたのですね。でも、婚約式にヘインは現れず、ジュンヨンとの思い出の隠れ家に行っていたとは…。よくそんなんのでゴンウは逆上しないですね~。ゴンウもかわいそうやん!でも、もちろん、ジュンヨンもかわいそう。ずっとずっと仲のいいヘインとゴンウを見なきゃいけないんだもんね。まあ、11話はこの悶々とした気持ちのゴンウをただただ見つめる回でした。ラストのスキー場でのシーンなんて本当に最悪だね。べたべたしすぎやねん!ゴンウも毛糸の帽子を深くかぶらずにはいられないっちゅうねん!(←ちょっとやりすぎなこのシーンは気に入ったが)

11回では主題歌でもある「恋をするのなら」という曲を書き上げたジュンヨン。この曲のもともとのタイトルは「If you…」です。なぜこれが「恋をするのなら」になるのか?しかも何故「恋をするなら」じゃなくて「恋をするなら」なのか。言いにくいではないかー!?しかも、なんだかノリが軽くないか!?

気になるこの曲の歌詞は以下の通り。この歌詞を見て、あなたならどんな曲名を付けますか?


“If you...” 「恋をするのなら」

燐とした君の横顔 一人秘めよう
もう掴むことのない手をそっと放した
記憶のカケラうたかたに消そう
届かぬ恋なら 深く海へ
遥か遠く彷徨 君への想い
目を閉じて今宵は誓う 君との永久(とわ)を
そうすれ違うサダメならば 立ち止まらないで
君のやさしさ 揺れたりはしない

傍にもいれなくて

触れられぬ愛なら 舞い上がれ空へ
見えぬ愛なら永久(とわ)に閉じよ想い
目を閉じて今宵は誓う 君との永久(とわ)を
そうすれ違うサダメならば 立ち止まらないで
君のやさしさ 揺れたりはしない
二度と戻らない もう戻れない


プチっとよろしく!blog_king ninki shukan ganso

部屋の窓という窓を空けるが風通しはすこぶる悪く、部屋は蒸し風呂状態。太陽がまぶしすぎて外に出る気もおこらず、朝からパンを焼いたり洗濯したり布団を干したりして過ごす。気づいたらもう「悲しき恋歌」の時間だよー!ふー、あっちーッ。


「#8 絶望のヘイン」ではヘインが病院から投身自殺を図るところで終わったのですが、ヒロインが死ぬわけあるまいし、たぶん、かっこいい男が彼女を助けるのだろうと思っていたので、あまり待ち遠しくはなかった今回です。が、「#9  悲しき献身…」のエンディングは凄かったですねえ…。まさか、ジュンヨンとヘインがこんな形で再会してしまうとは!!!「#8」では目と鼻の先にいたのに、何度もすれ違っていたあの2人が、2年後に、こんな悲劇的な形で(ジュンヨンの親友がつれてきた彼女がヘインだった)会っちゃうとは。思わず、ラストシーンで「うおーっ!」と叫んでしまいました。来週以降はしばらくジュンヨンの苦悩が続きそうな予感。 泣くなー、クォン・サンウ!!


さて、それぞれの回の見所です。まず、#8は、麻薬売買のマフィアに連れ去られたジュンヨンを追いかけるゴンウのカーチェイスシーン。なんと、空撮ですよ!ハリウッド映画並みの金のかけかたに驚きました。そして、マフィアをジュンヨンとゴンウでやっつけるシーン。もちろんとび蹴りはスローモーションで。まるで、(短い)ジャッキーの映画を観ているみたいでした。


#9 に関しては突っ込みどころより、何より、ヘインの目が見えるようになったという一大イベントについて明記すべきかと思う。振り返ると、目が見えない人の役を演じるキム・ヒソンの演技はなかなかうまかった。どんどん上手になってきた気がする。そして、目の見える人の役柄では動きのある演技が。すばらしゅぃ~。動きがでてくるとヘインがすごく綺麗になった気がするね!


ただ、ひたすら暑い日々。。blog_king  ninki shukan ganso

タイトルどおり、ファジョンの、それはそれは恐ろしい悪巧みが満載の回でした。前回の予告で「え?ジュンヨン死んだのッ」と驚いた私ですが、それはすべてほら吹きファジョンが作り出した虚構で、ほっと胸をなでおろしたところでございます。それにしたって、酷い嘘をつくものだ。人間の風上にも置けないやつめ。小さいころのファジョンはちょっと嫉妬深いどこにでもいる女の子って感じだったのに、もはやストーカー並の卑劣さをもってジュンヨンとヘインの仲を裂こうとしている…。恐ろしい女よ…。

次回はヘインを追ってジュンヨンがアメリカに飛び立つところから始まります。しかし、ファジョンのせいで、ヘインも韓国に戻り、行き違いになりそうな予感。ドラマもまだ4分の1なので、まだまだ2人のすれ違いは続くのでしょうか。


しかし、不幸が続きすぎて観るのが辛い…。みなさんはどうでしょうか?


ファジョンに同意できない方はぜひ一票を!

blog_king  ninki shukan ganso