こんにちはニコニコ
 
スウェーデンを代表する人気陶芸家、リサ・ラーソンの展覧会「リサ・ラーソン展 創作と出会いをめぐる旅」が2月に松屋銀座にて開催!(招待券プレゼントあり!2種の素敵なチラシどちらか一緒にお届け)初期から近年の代表作200点、創作に影響を受けた北欧デザインの巨匠スティグ・リンドベリなどの作家作品約20点が披露されます。
 
松屋銀座では過去に2回、リサ・ラーソンの展覧会が開催され、2017年の前回は、松屋銀座会場を皮切りに全国7会場を巡回し、観覧動員数は延べ15万人以上を記録しました。そして今年2月、再び東京・松屋銀座会場から2年間かけて全国を巡ります。


展覧会メインビジュアルⓒ Lisa Larson/Alvaro Campo
 
陶芸家のリサ・ラーソンは、当時グスタフスベリ社のアート部門責任者だったスティグ・リンドベリに見出され、23歳からグスタフスベリ社で26年間在籍。約320種類の作品を手がけ、スウェーデンを代表する人気作家となりました。素朴で温かみのあるテクスチャー、愛嬌のある表情豊かな作品は、スウェーデン国内だけでなく、日本をはじめ世界中に多くのファンがいるリサ・ラーソン。2019年、米寿を迎えた現在も、楽しみながらユニークピースを制作し続けています。
 
同展では、初期から近年に至るまでの約200点のほか、スティグ・リンドベリをはじめとする作家たちの作品約20点を展示。リサ・ラーソンが創作において影響を受けた旅行・留学先での文化、素晴らしい作家との出会いなどをたどりながら、作品の魅力に迫る内容になっています。
 
また、展覧会公式図録も登場。図録デザインは、リサ・ラーソンの長女でグラフィックデザイナーのヨハンナ・ラーソンさんが手がけたそうです。さらに、同展でしか手に入らないグッズや新作、先行発売の作品もスウェーデンから届く予定。ショップも要チェック!
 

リサ・ラーソン(スコーネにて)ⓒ Emma Mattsson

【リサ・ラーソンからメッセージ】
日本の親愛なるみなさま。私の住むスウェーデンから考えると地球の反対側ともいえる日本で、私の作品をあたたかく迎えてくださることに大きな喜びを感じ、感謝の気持ちでいっぱいです!
 
<展覧会構成>
幼少時代からヨーテボリでの学生時代、グスタフスベリの工房時代と年代を追いながら約200点の作品を披露。創作において影響を受けた作家の作品は、リサ・ラーソンの言葉と合わせて紹介。
①若き日のアーティスト/②形成期 ヨーテボリにて
➂グスタフスベリの工房
④アメリカでの1年
⑤テーブルデザイン/⑥グスタフスベリの工房を離れて
⑦レリーフ/⑧鳥/⑨犬/⑩人物像
※鳥はリサ・ラーソンの最も初期の動物モチーフ。手びねりで作った比較的小型の犬たちは、自宅のアトリエで制作されたもの。同展出品作品の中では最も新しいものとなります。
⑪人形とおもちゃ/⑫リサ・ラーソンと日本  両思い
※日本の陶磁器に特別な憧れと尊敬の念を持っていたリサ・ラーソン。日本のために特別に作った作品の一例を紹介。

<展示作品一例>

「ブルドッグ(大)」製造1972年ⓒ Lisa Larson/Alvaro Campo
 
「スティグ・リンドベリの肖像(ユニークピース)」1990年代ⓒ Lisa Larson/Alvaro Campo

「気球(トラフィックシリーズ)」1971年-1973年ⓒ Lisa Larson/Alvaro Campo

「近衛兵」1967年-1973年ⓒ Lisa Larson/Alvaro Campo
「犬」2000年代ⓒ Lisa Larson/Alvaro Campo

リサ・ラーソン展  創作と出会いをめぐる旅
会期:2020年2月23日(祝・日)~3月4日(水) 10~20時
会場:松屋銀座8階イベントスクエア
※入場は閉場の30分前まで。最終日は17時閉場。閉場時間は変更になる場合あり。
※2月24日(月と3月1日(日)は19時半まで。
入場料:一般1,000(700)円、高校生700(500)円、中学生500(400)円、小学生300(300)円
(  )内は前売料金。前売券は、パスマーケット、ローソン(Lコード:31442)、セブンイレブンにて12月20日(金)から2月22日(土)まで販売予定。
問合せ:松屋銀座 03-3567-1211(大代表)
 
<巡回先(予定)>
滋賀県立陶芸の森(2020年3月)
いわき市立美術館(2020年7月)
※約2年間で全国巡回予定
 

展覧会メインビジュアルⓒ Lisa Larson/Alvaro Campo
 
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━━─━─━
「リサ・ラーソン展 創作と出会いをめぐる旅」(松屋銀座)に、抽選で5組10名様をご招待!
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━━─━─━
 
北欧区をご愛読いただいている皆様に、松屋銀座で開催される「リサ・ラーソン展 創作と出会いをめぐる旅」に、抽選で5組10名様をご招待いたします!
 
応募期間は、ただいま~2月10日(月)正午までとなります。
なお、住所・氏名など記載のないものは無効となりますので、ご注意ください。

■当選者数:抽選で5組10名様
■締め切り:2020年2月10日(月)正午まで
■当選発表:展覧会の招待券とチラシ(2種のデザインのうちいずれか)の発送をもってかえさせていただきます。
■応募方法:タイトルに「リサ・ラーソン展 創作と出会いをめぐる旅」と明記の上、下記の<必ずお読みください>に目を通していただき、必要事項を添えて下記宛にお送りください。
 
応募先 その① support★hokuwalk.com(★を@に変えてお送りくださいね)
または
応募先 その② Facebookアカウントをお持ちの方は、 北欧区Facebookページのメッセージ機能からもご応募いただけます。

<必ずお読みください>
※北欧区会員の方は、氏名とメールアドレスのみでOKです(「北欧区会員です」と一筆いただけたら助かります)。
※北欧区会員の方の中に、住所が入っていない方がいらっしゃいます。無効となってしまうため、内容を入れて登録してください。情報のアップデートもお願いします。
※北欧区会員以外の方は、氏名とメールアドレス、展覧会招待券送付先の郵便番号と住所をご記入ください。
※会員登録は強制ではありませんが、多数の応募があった場合は、北欧区会員様を優先させていただきます。
※いただいた個人情報は、今回のプレゼントにのみ使用させていただきます。
※会員登録は、メルマガ登録とは別登録ですので、お手数ですがそれぞれにご登録ください。(メルマガは「まぐまぐ」より配信)>>会員登録はこちらからどうぞ!
 
北欧のニュース、国内の北欧関連イベント情報など随時投稿中。
Facebookページにいいね!、Twitterもフォローいただけたら嬉しいです!
 
Facebookページ:https://www.facebook.com/hokuwalk
Twitterアカウント:https://twitter.com/hokuwalk
 
「リサ・ラーソン展 創作と出会いをめぐる旅」(松屋銀座)をご覧になった感想やコメント、北欧区編集部へのメッセージなども、ぜひお寄せください。Twitterで@hokuwalkをつけてツイートを!Facebookからのメッセージやコメントも大歓迎!
 
ご応募お待ちしております!