こんにちはニコニコ
 
週末の三連休はいかがお過ごしでしたか?
 
9月14(土)、15日(日)の2日間、撮影会やサイン会、パーティなどを通じて、日本のファンがハリウッドスターと交流できる国内唯一のコンベンション「ハリウッド・コレクターズ・コンベンション/ハリコンNo.21」が、東京プリンスホテルにて開催されました。今年はなんと、デンマーク出身の“北欧の至宝”マッツ・ミケルセンが来日。映画『アダムズ・アップル』の関係者の方に声をかけていただき、おじゃましてきました。北欧区、初潜入です。

ハリコンって、どんなイベント?

筆者は初めて知ったイベントだったのですが、まず3つの部屋に分かれていて、一番手前の部屋は、入場無料で誰でも入れるスペース。ここは、映画関連グッズ、雑貨、今回ならマッツ出演映画の前売り券の購入やプレゼント抽選、映画関連グッズが購入できる物販ブースが並んでいます。

次の部屋はというと、撮影会やサイン会を希望者向けの待ち合い室。ここからは有料になります。チケットカウンターでそれぞれ撮影会やサイン会のチケットを購入した人が待機するスペースになっていました。

そしてその奥にある部屋が、撮影会やサイン会が行われるスペース。ずらりと列を作り、順番にマッツ待ち。なんでも、とてつもない人数のファンと一人ひとり丁寧に撮影に臨み、いろんなポーズのリクエストにも快く引き受けていたそうです。密着度もかなりのもので、生マッツを目の前に固まる日本のファンを悩殺。ファンにとっても、マッツ氏にとっても、とても充実した素敵な2日間だった模様です。

実はマッツ氏、少し前から日本に来日しており、京都での旅行をエンジョイする姿が公式Twitterで見ることができました。そこから、9月13日に都内で行われた11月8日公開の『残された者~北の極地~』のジャパンプレミアに登場。14日と15日はハリコンと、濃密な時間を過ごされていたようです。
 
▼9時間も自転車で移動したエピソードも披露!さすが自転車王国生まれ!その模様はこちら↓

 
『アダムズ・アップル』のブース。非売品のTシャツが可愛い!“もぐもぐマッツ”のパネルも(笑)このシーン、面白いですよ( ´艸`)

マッツ、物販ブースをぐるりと視察
 
筆者は、ハリコン2日目におじゃましてきました。1日目はものすごい数の来場者だったと聞きました。グッズもすでに完売が出ていた模様です。(1日目は19時からディナーパーティがあったので多かった可能性も)
 
物販ブースのコーナーでは、マッツ主演映画『アダムズ・アップル』(10/19公開)も出店されていました。この映画は、本国デンマークで2005年に公開され、北欧映画ファンおなじみの北欧映画祭「トーキョーノーザンライツフェスティバル」で上映され話題に。14年の月日を経て、映画を愛する人たちにより、日本での劇場公開が実現した作品です。
 
この日、なんとタイムリーなことに、ランチから帰ってきたマッツ氏が、物販ブースに登場するというサプライズが!グリーン系の小花柄のシャツに黒のパンツ。手には赤のジャージ(パーカー)という、秋を先取りしたカラーでの装い。ゆったりと歩きながらブースを眺め、グッズを見てはにこにこ。『アダムズ・アップル』のブースでは、チラシを手に取り、14年前に公開された映画がなぜ?と思ったのか、ちょっと驚いた顔をしていました。
 
映画関係者から、「とても素晴らしい映画なので、ぜひ日本でも上映したいと思ったんです」と聞いてにっこり。14年以上前の自分が映った顔出しパネルの前に立ったマッツ氏。『アダムズ・アップル』で自身が演じたイヴァンと現在のWマッツの姿が実現!

 
ほんの数分間の登場でしたが、物販ブースの部屋に、まさかのマッツ氏。タイムリーに入場してきたファンからは、数メートル先にいる生マッツに、「ひゃあぁっ」という声があがっていました。2日目の疲れも見せず、笑顔のマッツ氏に拍手が巻き起こっていました。(いやもう、オーラが……)

※ハリコンでは、メディア関係者も、ムービーNG、スチールもマッツ氏が写ったものは全面的に使用NGというお話でした。大変残念ですが、ご了承ください。ご本人の姿をビジュアルではお伝えできないのですが、文面でその様子を少しでもお届けできていたら嬉しいです。また、ハリコン公式Twitterやマッツ公式Twitterに、ファンとの交流の模様を見ることができますので、当日のマッツ氏の表情などはそちらでチェックしてみてくださいね。

『残された者~北の極地~』(11/8公開)のグッズもたくさんありました!こちらの作品もまたあらためてご紹介します!

また、11月8日(金)には、主演映画『残された者~北の極地~』、そして出演映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』の2本が同日公開されるとともに、マッツファンとして知られるゲームクリエイター小島秀夫氏によるマッツ出演作、PlayStation4向け新作ゲームソフト『デス・ストランディング』も同日にリリースされる予定です。今年の11月8日は、マッツ・デーと呼ばれているそうですよ!
 
ますます魅力を増すマッツ・ミケルセン。2015年に映画『悪党に粛清を』のPRで来日した時も、チャーミングでサービス精神旺盛だったのが印象的でした。今後のマッツ氏の活躍、続々とリリースされる作品も要チェックです!
 
2015年に映画『悪党に粛清を』のPRで来日したマッツ・ミケルセン
 
 
アダムズ・アップル
監督・脚本:アナス・トマス・イェンセン
出演:マッツ・ミケルセン(イヴァン)、ウルリッヒ・トムセン(アダム)、パプリカ・スティーン(サラ)
配給:アダムズ・アップル LLP
2005年/デンマーク・ドイツ合作/デンマーク語/94分/英題:Adam's Apples
http://www.adamsapples-movie.com
10月19日(土)より、新宿シネマカリテほか全国順次公開

<来日イベント> ※終了しました
ハリウッド・コレクターズ・コンベンション/ハリコンNo.21
日程:2019年9月14日(土)、15日(日)
会場:東京プリンスホテル2F
https://hollycon.jp/

<出演映画公開情報>
■『アダムズ・アップル』
https://www.adamsapples-movie.com 
10月19日(土)より、新宿シネマカリテほか全国順次公開
■『残された者~北の極地~』
http://www.arctic-movie.jp/
11月8日(金)より、新宿バルト9ほか全国順次公開
■『永遠の門 ゴッホの見た未来』
https://gaga.ne.jp/gogh/
11月8日(金)より、新宿ピカデリーほか全国順次公開
■PlayStation4用新作ゲームソフト『デス・ストランディング』
11月8日(金)リリース
※ゲームクリエイター小島秀夫氏によるマッツ出演作。『ドライヴ』『ネオン・デーモン』を手がけたデンマークのニコラス・ウィンディング・レフン監督が友情出演!
https://www.jp.playstation.com/games/death-stranding/