こんにちはニコニコ
 
北欧のライフスタイルを楽しめる埼玉県飯能市のメッツァビレッジでプラネタリウム!7月20日より、プラネタリウム・クリエーター、大平貴之氏監修による、1,000万個の星が北欧の夜空に輝くプラネタリウムが楽しめる「~星降る  metsa~Nordic Sky  プラネタリウムスペース」が、メッツァビレッジ内のイベント・催事スペース「メッツァホール」にて開催されています。
 
もう行ってきたよ!という方、いらっしゃいますか?
夏本番、涼しい室内で、ゆったりと北欧の満天の星空に癒される素敵なイベントです。

15644721653460.jpg

大平貴之さんの個人開発により誕生したという、超高精細な星空を投影できる移動型光学式プラネタリウム投影機「MEGASTAR-II (メガスター・ツー)(※)」。4機が現存し、日本科学未来館に設置されている 3号機「MEGASTAR-II cosmos」は、2004年に「世界で最も先進的なプラネタリウム」としてギネスブックに認定されています。その移動型光学式プラネタリウムシリーズのひとつである「MEGASTAR-II (メガスター・ツー)」がメッツァビレッジに登場。メッツァホール内の真っ白な天井や壁に、美しい北欧の夜空が映し出されます。
 
 
こちらの「R2-D2」のような姿をしたものが、「MEGASTAR-II」です。
壁だけでなく、床もキラキラと星たちが!
 
※「MEGASTAR-II (メガスター・ツー)(※)」とは?
大平技研保有の3機は移動式ということで、国内外の数々のイベントで使用されており、プラネタリウムの表現に革新をもたらした。ミュージシャン・ゆずのシングル「ポケット」のミュージックビデオなどにも撮影協力。バレエや演劇、病院、洞窟での投影など、これまで不可能であった様々な場所に星空を届けている。直径25メートルのドームまで対応可能。
 
 
北欧で撮影された初公開映像を披露
1,000万個の星がホール内にきらめく

フィンランド・ヘルシンキのシンボルともいえるあの景色、水の都スウェーデン・ストックホルム、そして、オーランド島で撮影されたオリジナル映像が上映されています。現地を旅したことのある方、北欧ファンの皆さんなら、どの場所かすぐにお分かりになるはず!北欧の季節の移り変わりとともに、北欧の夜空で見られる珍しい星々なども教えてくれます。
 
ヘルシンキ大聖堂あたりの低~い位置に、ひょっこりと現れる星座は一体……?!もちろん、日本でも見られる馴染みのある星座も映し出され、北欧も日本も、空で繋がっているんだなとしみじみ。
 
また、BGMの音楽にもご注目。北欧のミュージシャンによる楽曲を中心に、今現地で人気のあるミュージックシーンをはじめ、クラブなどで人気のある曲がセレクトされているので、グッと迫力のある満天の星空を楽しむことができますよ。
 
 
さらに、こちらのプラネタリウム、普通のプラネタリウムとちょっと雰囲気が異なります。会場内は、リクライニングできるチェアからスツール、ソファなど、色んな種類のチェアが並んでいるのですが、なんと、ハンモックもあります!
 

 
今回のプラネタリウムを監修した大平貴之さんが内覧会に登場。大平さんも「ちょっと雰囲気の違うプラネタリウム」と言うように、ハンモックでのんびりとリラックスして星空を楽しむことができます。「ハンモックで寝そべりながらというのは、世界でも類を見ないのでは?」と大平さん。ゴロンと寝そべることもできる芝生エリアもあったり、子供用の小さな可愛い椅子もあるので、親子やお友達と一緒に、思い思いのスタイルで過ごすことができそう。
 



 
星に関連するイベントも開催中。メッツァホール隣のクラフトビブリオテックでは、大平さん監修の「ピンホールプラネタリウム(学研プラス:大人の科学マガジンBESTSELECTION01)」のキットを使った家庭用プラネタリウムや、「星降る夏のスノードーム」製作、「12星座の缶バッジ」を作るワークショップが開催されています。こちらもお見逃しなく!
 
~星降る metsa~「Nordic Sky プラネタリウムスペース」
開催期間:2019年7月20日(土)~9月1日(日)
営業時間:12:00~20:00(最終受付19:00)
会場:メッツァホール(メッツァビレッジ内)
参加費:
おとな(大学生以上):平日1,000円(税込)/人、土日祝 1,500円(税込)/人 ※お盆期間含む
こども(小学生~高校生):平日土日祝 一律500円(税込)/人
※小学生未満(未就学児)は無料
https://metsa-hanno.com/event/2621/
※約30分のループ上映。自由に退出可能。
 
<ワークショップ>
◆「ピンホールプラネタリウム(学研プラス:大人の科学マガジン  BESTSELECTION01)」
数万個の星の位置を正確に再現して投影し、天の川まで鑑賞できる本格的なプラネタリウム。キットのみの購入(3,218円(税込)/個)も可能。
開催日:土曜日開催(8/3・10・24)
時間:17:00~19:00(最終受付 18:00)
料金:3,500円(税込)
会場:クラフトビブリオテック
https://metsa-hanno.com/workshop/2548/
 
◆星降る夏のスノードーム
開催日:期間中連日開催(7/20~9/1)
時間:10:00~19:00(最終受付 18:00)
※土曜日のみ 10:00~17:00(最終受付 16:00)
料金:3,000円(税込)
会場:クラフトビブリオテック
https://metsa-hanno.com/workshop/2546/
 
◆12星座の缶バッジ
欧州宇宙機関/ESA(European Space Agency)が、2018年に公開した最新の恒星データ(GAIA-DR2)を使い、コンピュータ上で再現した星空画像をもとにデザインされた12星座の缶バッジ。
開催日:期間中連日開催(7/20~9/1)
時間:10:00~19:00(最終受付 18:00)
※土曜日のみ 10:00~17:00(最終受付 16:00)
料金:小300円(税込)、大500円(税込)
会場:クラフトビブリオテック
https://metsa-hanno.com/workshop/2543/
 
▼メッツァ関連記事
【ムーミンバレーパーク(2019/3/16オープン)】小さなことに目を向け、大切なことに気づかせてくれる場所!「ムーミンバレーパーク」へ行ってみよう! 場所:ムーミンバレーパーク(埼玉県飯能市宮沢327‐6 メッツァ)
 
【メッツァビレッジ(2018/11/9オープン)】メッツァビレッジで余暇を楽しもう!次世代を行く体験型パーク 場所:メッツァビレッジ(埼玉県飯能市宮沢327‐6 メッツァ)
※記事前編では、開園に至るあゆみやパークに込めた思い、Market Hall(マーケット棟)を紹介。記事後編では、Viking Hall(レストラン棟)や屋外の風景、ワークショップ・工房といった学びや体験の場を紹介。

北欧区HP記事:http://www.hokuwalk.com/News/page/page_id/012019073100015001