こんにちはニコニコ


本日は毎夏開催される「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018」をご紹介!
ほぼ毎年、北欧の映画がノミネートされる映画祭なのですが・・・今回はなんと、複数の北欧映画が上映されることがわかりました!


 

2004年より埼玉県川口市にてスタートし、今年で第15回を迎えるSKIPシティ国際Dシネマ映画祭。7月13日(金)~7月22日(日)の10日間、川口市のSKIPシティ、MOVIX川口にて開催されます。本映画祭の最大の特徴は、新たな才能を発掘する若手映像クリエイターの登竜門であること。劇場公開に繋がったり、大きな映画祭などで受賞するなど、これまで数多くの若手監督が羽ばたいていきました。
 

今年の国際コンペティションには、過去最多となる世界98の国と地域から、応募総数832本が寄せられ、ホンジュラスとリヒテンシュタインから初の応募がありました。コンペティション部門は今年から、国際コンペティション(長編のみ)、国内コンペティション(長編部門、短編部門)の2部門3カテゴリー制となり、ノミネートされたのは、それぞれ、国際コンペティション10作品、国内コンペティション(長編部門)4作品、国内コンペティション(短編部門)9作品。海外作品は全てジャパン・プレミア以上の作品となっています。


また、国際コンペティション審査委員長には、海外でも高く評価される俳優・渡辺真起子さんを迎え、最終日に最優秀作品賞(グランプリ)をはじめとする各賞が発表、授与されます。(渡辺真起子さんは、テレビドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』ではパラリーガル役で出演されていましたよね。テレビのほか、映画、舞台などで活躍されています!)



©2018  川口市

 

オープニング上映は、川口市が舞台の中泉裕矢監督作『君がまた走り出すとき』。川口市が製作し、川口市民が参加して作った映画で、日本人男性で初めて世界の6大マラソンを走破した実在の人物・古市武さん(川口市在住)の生きる姿を描いたヒューマン・ドラマです。さらに、15周年記念として、埼玉県出身の4名の監督たちの作品上映とトークショー「飛翔する監督たち from SAITAMA」や、名匠と呼ばれる監督たちを見つめるドキュメンタリー特集「名匠たちの軌跡」、親子で楽しめる「怪盗グルーシリーズ一挙上映」の3つの特別企画が行われる予定。


そして、お待たせしました!どんな北欧の作品がノミネートされたのか、気になりますよね。
国際コンペティションにノミネートされた10作品のうち、なんと北欧から、デンマーク1作品、アイスランド2作品の計3作品が選出されました!筆者はすでに、アイスランド映画『あの木が邪魔で』が気になっています。日本でもありがちなご近所トラブルが題材になっているようです。楽しみですね!
 

北欧の新鋭を、ぜひお見逃しなく!

 

ダーリンの憂い(Darling)<アジアン・プレミア>
監督:ビアギッテ・スターモス
出演:ダニカ・クルチッチ、グスタフ・スカルスガルド、ウルリク・トムセン、アストリッド・グラルップ・エルボ
2017年/デンマーク、スウェーデン/101分
©Zentropa Production


【ストーリー】
世界的バレリーナのダーリンは、「ジゼル」のリハ中に怪我をして降板することに。彼女は代役のポーリーの指導役を買って出るが、若いポーリーの成長ぶりを目の当たりにして、徐々に精神が不安定になっていく。

デンマーク期待の新鋭女性監督、ビアギッテ・スターモス監督の長編二作目。2017年のロンドン映画祭でワールド・プレミアされ、本映画祭での上映がアジアン・プレミアとなります!(グスタフ・スカルスガルドは、あのスウェーデンの名優ステラン・スカルスガルドの息子。アレクサンダー・スカルスガルドの弟、ビル・スカルスガルドの兄にあたります)


上映スケジュール:7/15(日)14:00(ゲスト登壇) 7/18(水)18:30(ゲスト登壇) 7/19(木)11:00
 


ザ・スワン(The Swan)<ジャパン・プレミア>
監督:アウサ・ベルガ・ヒョールレーフズドッテル
出演:グリーマ・ヴァールズドッテル、ソウルワルドゥル・ダヴィズ・クリスティアンソン、スリズゥル・ブライル・ヨハンズドッテル、イングヴァール・E.・シーグルズソン、カトラ・マルグレット・ソウルゲルズドッテル
2017年/アイスランド、ドイツ、エストニア/91分
 

【ストーリー】
反抗的な9歳の少女ソウルは、手伝いと教育のため夏の間、田舎の親戚の元に送られる。豊かな自然と、たくさんの動物に囲まれながらも、そこに暮らす人々は皆、彼女に優しくはしてくれなかった。


2017年のトロント国際映画祭でプレミア上映され、今年のアイスランド・アカデミー賞(Edda Awards)で作品賞にノミネートされた作品!

上映スケジュール:7/14(土)10:30(ゲスト登壇) 7/15(日)21:00 7/17(火)17:30(ゲスト登壇)

 


あの木が邪魔で(Under the Tree)<ジャパン・プレミア>
監督:ハーフシュテイン・グンナル・シーグルズソン
出演:ステインソウル・フロアル・ステインソウルソン、エッダ・ビヨルグヴィンズドッテル、シグルズール・シーグルヨンソン、ラウラ・ヨハナ・ヨンズドッテル、ソウルステイン・バックマン、セルマ・ビヨルンズドッテル、ドーラ・ヨハンズドッテル、シグリズール・シグルパウルズドッテル・シュケーヴィング
2017年/アイスランド、デンマーク、ポーランド、ドイツ/89分
 

【ストーリー】
妻から家を追い出されたアトリが実家に転がり込むと、両親は隣家から、庭の木のせいで自分たちの家のデッキが陰るとクレームを受けていた。そんな矢先、実家で飼っている猫が姿を消してしまい…。

2017年のヴェネツィア国際映画祭オリゾンティ部門でワールド・プレミアされた後、世界中の映画祭で多数受賞。本国ではアイスランド・アカデミー賞(Edda Awards)で作品賞、監督賞を含む7部門で受賞。米アカデミー賞外国語映画賞アイスランド代表に選出された作品!


上映スケジュール:7/17(火)14:00(ゲスト登壇) 7/20(金)21:00 7/21(土)17:30(ゲスト登壇)

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018
会期:2018年7月13日(金)~7月22日(日)
会場:SKIPシティ 映像ホール/多目的ホールほか(埼玉県川口市上青木 3-12-63)
MOVIX 川口(埼玉県川口市並木元町 1-79  アリオ川口 3F)
主催 :埼玉県、川口市、SKIP シティ国際映画祭実行委員会、特定非営利活動法人さいたま映像ボランティアの会
公式サイト:www.skipcity-dcf.jp


北欧区HP記事:http://www.hokuwalk.com/News/page/page_id/012018060600015001