こんにちはニコニコ
 

今年の大河ドラマ「西郷どん」が始まってまだ3ヶ月ですが、来年2019年の大河ドラマはなんと、スウェーデンが大きく絡んでいるのをご存知でしょうか?^^
 

宮藤官九郎作、2019年に放送される大河ドラマは「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」。この作品は、ストックホルム五輪が題材となっているんです。大河ドラマ好きとしては今から楽しみで仕方ない!(しかもクドカン!)

15215191256680.jpg

2019年大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」は、日本が初めて1912年のストックホルム五輪に出場するところから物語が始まります。ところが、日本最初のオリンピック選手としてマラソンで出場した金栗四三(かなくり しそう)選手がなんと行方不明に。日本からの長旅で体が弱っていた上、日本と異なる食事環境、40度あったといわれる異常かつ記録的な夏の暑さの中、21歳の金栗はレース途中で意識を失って倒れ、地元の住民に介抱されていたのです。

目覚めたときはすでにレースは終了。五輪委員会に知らせずに帰国してしまったため、委員会に「行方不明」と報告されてしまいました。そして約55年後、ストックホルム五輪開催55周年記念式典に招待された金栗は、1967年3月21日、54年8カ月6日5時間32分20秒3という記録でゴールに到達。この記録は、五輪史上最も遅いマラソン記録となり、今後も破られないだろうといわれています。


ちなみに、ストックホルム五輪に出場を果たした日本初のオリンピック代表選手は、国内選考で100、400、800メートルを制した三島弥彦選手(東京大学)と、25マイル(当事は40.225キロ)マラソンで好記録を出した金栗四三選手(東京高等師範学校)の2人のみ。金栗選手はマラソン足袋で当時の世界記録を27分も縮める大記録をたたき出し、代表に選ばれたそうです。

 

▼第5回ストックホルム五輪関連ページ

https://www.joc.or.jp/column/olympic/stockholm1912/

▼第5回ストックホルム五輪 大会ポスター(参加国28カ国)
https://www.joc.or.jp/games/olympic/poster/1912.html
▼2019年大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」

金栗四三役は、中村勘九郎さん。金栗と共に初の五輪選手となった三島弥彦役は、生田斗真さん。
http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=12186

 

2019年の大河ドラマでますます話題になりそうなスウェーデン。その前に、今年は日本とスウェーデン国交樹立150周年の記念の年ということで、日本からスウェーデンまでのチャーター&直行便が運航されることに!

来年の大河ドラマがスタートする前に、日本が初めて参加した記念すべきオリンピック会場となったスウェーデンの首都、ストックホルムを訪れてみてはいかがでしょう!

 

■7月21日 全日空(NH) 仙台~ストックホルム
■7月24日 スカンジナビア航空(SK) 東京~ストックホルム

https://swedenjapan150.jp/events/charterflight/

 

▼2018年はスウェーデン・日本外交関係樹立150周年!記念行事をチェックしよう
http://www.hokuwalk.com/News/page/page_id/012018020600015001