こんにちはニコニコ

今年以降もまた、北欧と日本にとって、にぎやかな年になりそうです。

というのも、昨年2016年の日本・アイスランド国交樹立60周年に続き、今年2017年は日本・デンマークが国交樹立150周年。さらに2018年は日本・スウェーデンが国交樹立150周年、2019年は日本・フィンランドが国交樹立100周年を迎えます。(連続!)
 
1867年1月12日、日本とデンマークは修好通商航海条約を締結しました。日本・デンマーク外交関係樹立150周年を迎えるにあたり、主な活動を伝える公式ホームページがオープン。国内で開催されるさまざまなジャンルのイベントやニュースをチェックすることができます。
 


日本・デンマーク外交関係樹立150周年公式ホームページ
http://www.denmarkjapan150.jp/ja/feed-ja/

デンマークといえば、何が浮かびますか?世界一幸福と呼ばれるライフスタイルやデザイン、グルメ、アート、映画なども外せないジャンルですよね。
 
昨年12月23日からはすでに、長崎県美術館にて「デンマーク・デザイン展」(2/12迄)が開催されています。展覧会は年間を通じて、全国を巡回予定。また、北欧区でも毎年ご紹介している「トーキョーノーザンライツフェスティバル」(1/21-2/19※映画上映は2/11-17)では、デンマークにフォーカスした特集上映があります。

さらに、東京・上野公園の国立西洋美術館では、絵画展「スケーエン デンマークの芸術家村」(2/10-5/28)が開催されます。デンマークのスケーエンという村を拠点に制作されたスケーエン派の作品を集めた絵画展です。かつて小さな漁村だったというスケーエン。19世紀末から20世紀初頭にかけ、北欧各地から画家や詩人、作曲家などが集まり、国際的な芸術家の村として知られるようになりました。スケーエンの自然や風景に魅了された芸術家たちによる作品に触れることのできる貴重な機会です。
 
展覧会や映画のほかにも、アート、バレエ、音楽、建築、デザイン、家具などに関する大小さまざまなイベントが計画されている模様。一般向けのお祭り的なイベントもあるかも?!要チェックですね!
 
<公式ロゴについて>
日本の日の丸とデンマークの白十字の旗を組み合わせてシンボル化したものに、両国の出会いとダイナミックな交流を表す線を加え、日本の伝統的な模様と、デンマークのシンプルさや美的感覚を融合させています。ロゴとロゴタイプは、デンマーク人デザイナーのHenrik Kubel氏と、日本人デザイナー浅葉克己氏のコラボレーションによるものです。(公式HPより)

日本・デンマーク外交関係樹立150周年公式ホームページ
http://www.denmarkjapan150.jp/ja/feed-ja/

▼関連記事

日本初!デンマークに特化した本格的なデザイン展が全国を巡回

光と風を感じる絵画展「スケーエン:デンマークの芸術家村」国立西洋美術館で開催中(5/28迄)

デンマークの音楽やアート、北欧料理が楽しめる「オポジット2017」、5月に開催!

今年のオープニング作品は『サーミの血』!トーキョーノーザンライツフェスティバル2017