アルノー・ラエール

テーマ:
実は広尾に行った本当の目的は、アルノーラエールに行ってケーキを食べること

アルノー・ラエール氏はかなりの巨匠です。

自由が丘の大好きなパティスリーパリセヴェイユの金子シェフが、フランス時代に修行したお店がラエール氏のお店。

ムッシュアルノーというケーキも作られています。

過去記事はこちら


駅から広尾商店街を真っ直ぐ進んで、お寺に突き当たったら左に進むと、右手にお店が見えてきます。

2階で作っているようです。




店内では、撮影大丈夫です!と快諾頂き、パチパチと好きなだけ撮りました(笑)

壁面がいい雰囲気〜




開店と同時に行ったのですが、ズラーッと生菓子が並んでいました。




マンゴーとパッションのサントノーレ。




マカロンは強気の1つ300円。




ケークも沢山ありましたラブ

写真を載せきれません。




チョコレートも迷う数!




そしてとっても惹かれたのが、ガトーショコラたち。フランボワーズとプラリネとプレーン。

見た目も最高!




クイニーアマンラブ
危ないお菓子!!そして店によって味や食感が違うので、気になる〜!

砂糖がキャラメリゼされて、バリッとでもむっちりとするところもたり、たまらなく美味しいお菓子です。




お店の中央に所狭しと並べられている焼き菓子。




壁側にはコンフィチュールと焼き菓子。

目移りします。




友人と1つずつオーダーで、シェア!

右手側はスペシャリテの「トゥールーズ=ロートレック」という濃厚なチョコレートケーキ。

左は「イヴォワール」。ホワイトチョコレートムースをホワイトチョコでコーティング。中はパッションフルーツのクレームで、下はココナッツのダコワーズ生地です。

甲乙つけがたい美味しさ。




イートンのスペースはカウンターだけです。

今回は友人とのおしゃべりで、忙しかったのですが、外を眺めならぼんやりもいいな、、




選ぶのに迷う焼き菓子。

ピスタチオの生地にチェリーや、




キャラメルパウンドのチョコレートがけ、、

うーん 迷います!




いいお値段ですので、余計に迷います(笑)

3つ程買いました

コーヒータイムが楽しみです。