季節が進んでいます | ほくと小児クリニック
新型コロナウイルスに関する情報について

ほくと小児クリニック

北斗市の小児科のブログです。

 しばらく、ブログを更新しなくてすみませんでした。季節は着実に進んでいます。朝晩は本当に涼しくなりました。山も秋の気配が感じられます。ススキの帆が、風に揺れていました。

 この間、コロナワクチンを始めたり、インフルエンザワクチンの調整をしたり、8月意向小児科は忙しくしております。流行の中心は、RSと乳幼児を中心とした発熱の患者さんんです。

 

 8月に入院をお願いした患者さんも多く、その多くはRSの患者さんんでしたが、オープンベッドでの対応が延べ17人となり、今まで一番多い数でした。

 

 RSが検出されないぜいぜいした患者さんも確実にいると思います。その原因ウイルスが分からないのがもどかしいところですが、コロナではないようです。同じく発熱の患者さんも原因となる病原体はちょっと掴めませんが、夏風邪のヘルパンギーナと突発性発疹が混じっています。

 

 9月19日は休日当番です。緊急事態宣言下での当番担当なのでトリアージなどで時間がかかると思います。受診される方はその旨ご理解の上、不要不急の受診はお控えください。

 

 インフルエンザワクチンは例年の70%ぐらいの入荷量との連絡がありました。これから少し変わるかもしれませんが、9月27日予約開始、10月15日接種開始で、水曜日、金曜日、土曜日で行います。密にならないように1時間に3−6名に抑えて接種する予定です。

 

  明日9月15日はほくと小児クリニック開院の日です。クリニックも15年目となりました。ここまで支えていただいた皆さんに感謝いたします。昨年からいろいろありましたが今期も頑張っていこうと思います。有難うございました。